福祉関係 PR

ケアマネは難しい資格?1発合格の私が試験の合格率など10分で解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ケアマネは難しい資格?1発合格の私が試験の合格率など10分で解説

 

相談者
相談者
ケアマネの試験って難しいのかな?自分でも合格できるかな……

 

ケアマネ試験について、このような疑問や悩みを持ってる人もいるんではないでしょうか?

 

実はこの記事を読めば、「ケアマネ試験って難しい?」という疑問が簡単に解決できます。

理由は、自分自身のケアマネ資格を取得した際の知識や、勉強の経験など実体験からお伝えできるからですね。

 

この記事で解決できる疑問・悩みなど

・ケアマネ試験って難しい?

・ケアマネ試験ってどんな試験なの?

・ケアマネ資格取得のメリットとは?

 

この記事を読めば、ケアマネ試験の難易度や勉強方法など、簡単に理解できますよ。

 

この記事を書いた人:しゅうへい・ジャパン

職業:介護職員、ケアマネジャー

趣味:筋トレ、読書、アニメ鑑賞など

ケアマネ資格取得の体験談を交えながら、資格の難しさなどお伝えしていきます!

 

 

この記事の信頼性:介護福祉士、ケアマネジャー、社会福祉士の資格を取得しています。

 

 

 

 

ケアマネ試験って難しい?合格率など詳しく解説します

結論からお伝えすると、ケアマネ試験は福祉系の資格の中で、難易度が高い試験です。

後ほど「難しい理由」についてお伝えします。

 

合格率は約20%ですが、経験からお伝えしますと、しっかり準備さえすれば1回での合格も可能です。

自分のまわりでも1回目で合格してる人も多く、みんさん働きながら勉強してましたね。

 

過去5年間の合格率は以下の通りです。

出典:厚生労働省「第24回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況について

 

2018年に受験資格の改定が行われ、受験者数と合格者が減少しています。

後ほどお伝えしますが、受験資格の厳格化の影響で、試験のハードルがかなりあがってるんです。

 

なんでケアマネ試験は難しいの?

ケアマネ試験が難しい原因は、大きく分けて3点あります。

  • 受験資格の厳格化
  • 勉強時間の捻出が難しい
  • 点がとりにくい回答形式

 

2018年から、ケアマネの受験資格が変わり、受験者数が減ってるんです。

点を取りにくい試験であること、勉強時間の捻出が難しいことが、ケアマネ試験の難易度をさらにあげていると考えられます。

 

それぞれの理由について、お伝えしておきますね。

 

➀受験資格の厳格化

2018年に受験資格の改定がありました。

介護の経験10年以上(有資格者は5年)という受験資格が撤廃され、

  • 国家資格を所有しての実務経験5年
  • 相談業務経験5年

この2つが受験資格となりました。

 

今までは、無資格から最短で5年あれば試験を受けれました。

しかし2018年度からは、国家資格をとってから5年の実務経験が必要になります。

介護福祉士の取得まで3年+実務経験5年=受験資格取得まで8年かかるということ

 

受験資格取得までのハードルが、あがっているということなんですよね。

 

➁勉強時間の捻出

ケアマネ試験の合格率は約20%、しっかり勉強しないと合格が難しい試験です。

働きながら勉強時間を捻出するというのは、かなり大変なことなんですよね。

 

  • 仕事前や終わったあと
  • 休日の時間

これらを使いながら勉強していましたが、かなりきつかった思い出があります。

 

「時間の捻出が難しい」ことが、ケアマネ試験の難易度をあげている原因の1つではありますね。

 

③回答形式

介護福祉士の試験は「五者択一形式」で、5つの設問の中から正解を1つ選ぶ回答方法になります。

一方、ケアマネ試験の回答形式は、5つの設問から回答を複数選択する方法なんです。

 

5つの設問の意味を理解していないと、解くことができない問題が多いということになりますね。

 

受験資格のハードルが高いうえに回答形式の難解さも加わり、ケアマネ試験の難易度は高くなっているんです。

 

ケアマネ試験ってどんな試験?

ケアマネ試験の正式名称は

「介護支援専門員実務研修受講試験」

になります。

 

  • 「介護支援分野」から25問
  • 「保健医療福祉サービス分野」から35問

合計60問、制限時間は120分で回答する試験です

介護支援分野、保健医療福祉サービス分野のそれぞれで、基準点を上回る必要があります。

 

受験料は自治体によってことなりますが、平均して、9,000円~12,000円ほど

筆記試験に合格し、87時間の研修と3日の実習を経てケアマネ資格が取得できるんです。

 

受験資格のハードルが高く試験自体も難しいですが、いろんな知識が学べるし、合格すれば自信にもつながります。

 

挑戦して損はない資格だと思いますよ。

 

ケアマネ資格に掛かる費用について、下記の記事で解説しています。

 

ケアマネ試験の勉強方法とは?

ケアマネ試験に対する勉強方法は、おおまかに2通りに分けられます。

試験の対策講座を受講する:費用がかかるが効率的に勉強できる

参考書で独学で勉強する:費用は低めだが自分で考えて勉強する必要がある

 

対策講座とは…ユーキャンや資格の大原での通信学習のこと、いろんな会社が講座を開催してますよ

 

自分も含めて知人や会社の人は、独学で勉強する人が多かったです。

また、会社の同僚で講座を受講して合格した人もいましたね。

 

ケアマネ試験の独学については、下記の記事で詳しくお伝えしています。

 

勉強期間やスケジュールについて

自分は、6~7カ月ほどの勉強期間を設けて、1回で試験に合格できました。

自分の経験からお伝えすると、最低6ヵ月は勉強期間としてみておくと良いと思います。

 

勉強の流れとしては……

1カ月目:参考書を1~2回は読み込む

2~3カ月目:参考書を読みつつ、過去問を解いていく

3~5か月目:参考書は振り返る程度で読み、過去問に集中

6ヵ月目~試験日:過去問を集中してとく

このようなスケジュールで勉強していくと、試験に間に合うかと思います。

 

あまり長い勉強期間はおすすめしません。

時間的な余裕はうまれますが、モチベーションの維持が難しいからです。

勉強の期間は、長くても1年以内にしておきましょう。

 

ケアマネ試験の勉強について、下記の記事で詳しくお伝えしています。

 

自己学習のおすすめ参考書はこれ!

自分がおすすめする参考書は2つの出版社で計4冊です。

ユーキャン:「ケアマネジャー速習レッスン」

 

ユーキャン:「ケアマネジャー過去問完全解説」

中央法規:「見て覚える、ケアマネジャー試験ナビ」

中央法規:「ケアマネジャー試験、過去問解説集」

それぞれ、ケアマネ試験のとき、社会福祉士の試験のときにお世話になった出版社の参考書です。

どちらも図解や表が多く、理解しやすい参考書でしたね。

独学で勉強する際には、ぜひチェックしてみてください。

 

重複していますが、下記の記事でも「おすすめ参考書」を紹介しています。

 

ケアマネ資格を取得するメリットとは?

実際にケアマネ資格をとって感じているメリットは3点です。

 

ケアマネを取得するメリット
  • 給料があがった
  • 働きかたの選択肢が広がった
  • 自分の成長とキャリアアップにつながった

 

資格の勉強をする過程では、介護関係の大切な知識を得ることができました。

また、ケアマネ資格を取得したあとに、少しですが給料があがり昇進もできましたね。

今は介護現場で働いてますが、資格があれば居宅のケアマネなどになれるので、職業の選択肢も増えますよ。

 

受験資格の取得や試験合格のハードルは高いかもしれません。

しかし、ケアマネ資格には、労力と時間に見合ったメリットがあると思います。

 

メリット3点について、詳しくお伝えしていきますね。

 

給料があがる

ケアマネ資格をとると、「資格手当」などで給料があがることが多いです。

資格があると昇格や昇給することも多いので、その分の収入がUPしますよね。

 

施設で介護現場とケアマネを兼務している人などは、残業代で稼ぐという手段もあります。

資格を活かして転職するという方法もありですね。

 

収入をあげたい人は、ケアマネジャーを目指してみるのも良いですよ。

自分は資格を取得して給料があがりました。

 

ケアマネの給料について、下記の記事で詳しく解説していますよ。

 

働く選択肢が広がる

上記でも触れましたが、資格を取れば働きかたの選択肢が増えるんです。

  • 施設ケアマネとして働く
  • 居宅のケアマネを目指す
  • 地域包括支援センターで働く……など

 

もちろん、介護現場で働き続けるのも1つの道です。

「それしかできない」のと、「その働きかたもできる」とは気持ちの部分で大きく違いますよ。

 

介護現場で体がきつかったら、居宅のケアマネとして働くことができます。

働きかたを選択できる点は、資格を所有する大きなメリットの1つですよ。

 

福祉職の転職について下記の記事でお伝えしています。

介護福祉士向けに書いていますが、ケアマネでも共通している部分が多いですよ。

 

成長やキャリアアップにつながる

ケアマネ試験を勉強する過程で、介護保険の知識やマネジメントに対する考えかたを学べます。

思い返すと、その知識がとても大切だと感じますね。

 

また、資格をとったことで昇進・昇格したり、違う資格に挑戦したりと、キャリアアップや今後の成長にもつながっていきます。

 

「ケアマネ資格を取得した」

という事実もすばらしいです。

 

しかし、その後の成長につながっていく点も、資格取得の大きなメリットの1つなんですよね。

 

「ケアマネという仕事に将来性はあるの?」って人に向けて、下記の記事で解説しています。

 

ケアマネ資格についてのQ&A

過去の自分は「ケアマネジャー」という職に対して、いくつか疑問に思うことがありました。

ネットなどを検索してみても、同じ疑問を持っている人が一定数いるんですよね。

 

ケアマネージャーの仕事について
  • どんなところで働くの?
  • 他の福祉系資格との難易度や給料の差は?
  • ケアマネって国家資格なの?
  • どんな人がケアマネに向いてる?
  • この仕事の大変なところは?

 

具体的な働く場所、国家資格かどうか、自分はケアマネにむいてるか?

など、気になる人もいるみたいです。

 

「ケアマネジャーに対する疑問」について、実体験を踏まえながらお伝えしていきます。

 

ケアマネはどんなところで働くの?

ケアマネの活躍する場所として、施設や居宅介護支援事業所があります。

  • 特別養護老人ホームなど、施設のケアマネとして働く
  • 居宅介護支援事業所(家で生活する方のケアマネとして)で働く

 

施設で働く場合には、介護士と兼務することが多く、夜勤などもこなすことが多いです。

居宅の事業所で働く場合は、家で生活している方のマネジメントをしますね。

 

もっと詳しく「ケアマネジャーの仕事」について知りたいかたは、下記の記事を参考にしてみてください。

 

 

他の福祉関係資格との比較

ケアマネと介護福祉士、社会福祉士について、資格の難易度や平均給与などみていきましょう。

 

職種別の難易度と平均給与額

職種 合格率 平均給与
ケアマネジャー 約20% 368,030円
介護福祉士 約70% 329,250円
社会福祉士 約30% 353,020円

引用元:「介護従事者処遇状況等調査結果」より

 

福祉系の資格3つの中で難易度が高く、給与も高いのがケアマネジャーなんです。

収入UPを目指すなら、ケアマネ資格に挑戦してみましょう!

 

経験年数や働く場所によって、給与の差がでてきます。

 

下記の記事では、「介護福祉士」「ケアマネ」の違いについてお伝えしていますよ。

 

ケアマネは国家資格なの?

ケアマネジャー(介護支援専門員)の資格は国家資格ではないんです。

各都道府県が認定する公的資格になっています。

介護系で国家資格は「介護福祉士」だけとなります。

 

「ケアマネジャーを国家資格に!」

という動きもあるそうですが、資格取得の方法を変えたり、法律で制定したりが必要らしいですね。

 

ケアマネにはどんな人が向いてる?

実際に自分がケアマネ業務をやっていて、「こんな人がケアマネに向いてる」と思うのはこんな人です。

 

こんな人はケアマネに向いている!
  • 人とのコミュニケーションが好き
  • 細かいことに気が付く
  • 事務的な作業が得意
  • 自分の考えを言語化するのが得意(好き)
  • 割り切って仕事ができる

 

ケアマネジャーは、利用者さんやご家族のニーズに合わせてプランをたてていきます。

ケアマネ側が

「こうするべきだ!」

ではなく、本人の想いを上手く言語化し、プランに落とし込める能力が必要だと感じますね。

 

ケアマネジャーの仕事の大変なところは?

実際にケアマネの仕事をしたり、近くで働いている居宅のケアマネさんを見たりして感じる

「ケアマネジャーの仕事で大変なところ」

についてお伝えします。

 

ここが大変、ケアマネジャーのお仕事
  • 扱う情報量が多い
  • 常にいろんな仕事を並行して行う必要がある
  • 毎月の請求業務や、月1回の利用者訪問など仕事量が多い
  • 利用者さんやご家族、関係機関などの人と関わることが多い。
  • 利用者さん(そのご家族)の様々な要望に対応しないといけない

 

人と関わるのが苦手だったり、事務作業が苦手だったりすると、ケアマネジャーの仕事は大変かもしれません。

 

逆に、人と関わることが好き、細かいことに気が付く人は、ケアマネージャーに向いてると思います。

 

ケアマネジャーのやりがいについて、下記の記事でお伝えしています。

 

まとめ:ケアマネ資格は難易度高め、しっかり準備して合格を目指そう!

ケアマネ試験の合格率は約20%です。

介護福祉士や社会福祉士、他の福祉系の資格の中では難易度が高めの資格になってますね。

受験資格が違うので、一概に合格率だけでは判断できない部分がありますが……

 

過去5年のケアマネ試験、受験者・合格者数

 

ケアマネ試験が難しい理由
  1. 受験資格の厳格化
  2. 勉強時間の捻出が難しい
  3. 点がとりにくい回答形式

 

ケアマネ試験について

「介護支援分野」から25問

「保健医療福祉サービス分野」から35問

それぞれの分野で基準点以上をとらないといけません。

合計60問、5つの選択肢から複数正解を選ぶ回答方式で、制限時間は120分。

 

ケアマネ試験の勉強方法について

参考書などで自分で勉強するか、受験講座を受講する方法があります。

 

勉強スケジュール

  • 1カ月目:参考書を1~2回は読み込む
  • 2~3カ月目:参考書を読みつつ、過去問を解いていく
  • 3~5か月目:参考書は振り返る程度で読み、過去問に集中
  • 6ヵ月目~試験日:過去問を集中してとく

 

独学におすすめな参考書

ユーキャンか中央法規の参考書がおすすめ!

 

ケアマネ資格を取得するメリット
  • 給料があがる
  • 働きかたの選択肢が広がる
  • 自分の成長とキャリアアップにつながる

 

ケアマネジャーの資格は、受験資格を得るにも、試験に受かるにも大変な資格です。

しかし、勉強する過程が知識として大切だし、自分の成長に必ずつながります。

資格を取得することでキャリアアップにつながり、仕事の選択肢も広がっていくんですよね。

 

試験に合格しても研修が必要で、5年ごとの更新もしないといけません。

デメリットになる部分は多いですが、実際に業務について、それに勝るメリットが多いと感じます。

 

ケアマネジャーという職に興味がある人は、「難しい」という理由であきらめないで頂きたいです。

必ず自分の成長と、今後の人生に役に立つ資格になりますよ!

 

今回はここまで。

長文、最後まで読んで頂いてありがとうございました。

それではまた!