福祉関係 PR

ケアマネはどんな仕事?10年経験した私が初心者にも分かるよう解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ケアマネはどんな仕事?10年経験した私が初心者にも分かるよう解説

相談者
相談者
ケアマネはどんなことする仕事なんだろう?興味はあるけど大変なのかな?

 

上記のような「ケアマネの具体的な仕事の内容」について疑問に思っている人、いるのではないでしょうか?

 

実は、この記事を読めば「ケアマネはどんな仕事するの」という悩みについて簡単に解決できるんです!

 

自分は、介護福祉士15年目でケアマネを兼任して10年目です。

実体験を含めた感想など交えながら、ケアマネの仕事についてお伝えしていきますね。

 

この記事で解決できる疑問・悩み

・ケアマネの働き方の種類

・ケアマネはどんな仕事?

・ケアマネの給料、やりがいについて

 

この記事を読めば「ケアマネの仕事」について簡単に理解できるので、ぜひ参考にしてみてください!

 

この記事を書いた人:しゅうへい・ジャパン

職業:福祉施設職員

介護福祉士・ケアマネ・相談員として福祉施設にて勤務。介護業界15年目

施設ケアマネとして仕事して10年目になります

 

 

 

ケアマネは主な仕事場が3種類

ケアマネは、働く場所によって仕事の内容が少し変わってくるんです。

ケアマネの仕事先は主に3種類

➀居宅介護支援事業所

②福祉施設

③地域(地域ケアプラザなど)

 

対象にする利用者さんの状況や人数なども違いますし、関わっていく人達も大きく違ってきます。

 

ケアマネの働く場所について少しづつ説明していきますね、

 

居宅介護支援事業所で働く場合

居宅介護支援事業所のケアマネは「居宅ケアマネ」と呼ばれており、基本的には家で暮らしている利用者さんを対象に仕事をします。

 

家での生活に困難を抱える利用者さんと話をして、本人の生活課題を解決できるようサービスにつなぐことが役割です。

 

「家で安全に、安心して生活していくにはどんなサービスが必要か」

をケアプランに落とし込み、他のサービス事業所と打ち合わせをしながら課題をクリアしていくんですね。

 

1人のケアマネは最大で35件の利用者さんを受け持つことが可能。

※40人以上受け持つと国からもらえるお金が減算になってしまうので、多くても40件未満になります。

 

居宅ケアマネは

・利用者さん本人

・家族

・福祉サービス事業所 など

色々な人と関わりを持って仕事をしていくことになります。

 

施設で働く場合

施設で働くケアマネは「施設ケアマネ」と呼ばれています。

 

居宅のケアマネと決定的に違うのは

「施設で生活している利用者さんが対象である」

ということですね。

 

施設で生活している利用者さんに対して

「この施設で暮らしていくためにはどんな課題があるか?」

を考えてケアプランを作成していきます。

 

居宅とは違って他の福祉サービスを利用することはなく、施設の中だけのサービス提供になります。

もちろん、介護職・看護職・相談員との連携が必要です!

 

施設の場合は、ケアマネ1人に対して100人の利用者さんまで受け持つことができます。

 

施設の中で生活しているので

・状況の把握がしやすい

・変化にもすぐに対応できる

という利点がありますね。

 

また、施設でケアマネとして働く場合には、介護職員や相談員と兼務していることも多いんです。

 

直接的に利用者さん本人に介助するので、課題も見つけやすくプランも立てやすいことも施設ケアマネの特徴となります。

 

地域で働く場合

地域包括支援センターなどの「地域をサポートしていく施設」でケアマネとして働く方法もあります。

 

働き方としては居宅のケアマネと近い部分がありますが、対象にする人が要介護ではなく「要支援1・2」の人が対象です。

 

要支援の人を対象に「介護予防のケアプラン」を作成していくんですね。

 

また、介護認定を受けていなくても地域の方の個別相談に乗ったりもしますし、介護保険以外の相談も多いです。

 

個別に1人ひとり関わっていくというより、地域全体に関わっていくというイメージが強いですね。

 

・社会福祉士

・保健師

・主任ケアマネ(ケアマネの上級職)

と一緒に、地域の人々の問題に対応していくことが、地域で働くケアマネの役割になります。

 

ケアマネはこんな仕事します!

ケアマネはケアプランを作ることも仕事ですが、他にも色々と役割があるんですよ。

 

「ケアマネってどんな仕事してるの?」

という疑問があるのは、業務の範囲が幅広いことが原因かもしれませんね。

 

ケアマネの仕事内容について説明していきます。

 

ケアプランの作成

ケアマネの主な役割では「ケアプランの作成」が挙げられます。

 

利用者さんが生活の中で困難に感じている部分を、本人のとの関わり合いで明らかにしていきます。(アセスメント)

 

課題をクリアするのには、どのようなサービスが必要か利用者さん本人とその家族で話し合い、実際にサービス利用につなげていく。

 

実際にサービスを利用して、改善点などはないか定期的な見直しを行います。

 

➀ケアプラン作成

②サービス利用

③必要に応じてサービスの変更や追加

上記の➀~③を繰り返しながらプランも変更して、本人の生活に合ったサービスを提供していく。

 

利用者さんがスムーズに日常生活を送れるようなプラン作成が必要なので、ケアプランの作成はとても大切な業務となります。

 

要介護認定について

介護保険サービスを利用するためには「要介護・要支援認定」を受けている必要があります。

 

その要介護認定をするための作業を「認定調査」と言い

・市町村の職員が行うケース

・ケアマネに委託されるケース

2通りの方法があり、委託された場合にはケアマネが認定調査を行います。

 

新規の場合と更新の場合があり、ケアマネは「更新」を委託される場合が多い。

 

基本的に要介護認定の申請は本人かその家族が行いますが、ケアマネも本人や家族と協力して申請を行います。

 

要介護認定の協力や、認定調査もケアマネの大切な仕事の1つですね。

 

サービス事業所との連絡・調整

新規でサービスを利用する際、または変更時には利用者さん本人のお宅で「サービス担当者会議」という話し合いの機会を設けます。

 

・利用者さん本人、ご家族の希望の確認

・時間の調整

・サービス事業所間での情報の共有

これらを目的としてサービス担当者会議を開きます。

 

この「サービス担当者会議」を開催してとりまとめるのが、ケアマネの役割となるんですね。

 

そして、サービス事業所との連絡・調整もケアマネが行います。

 

利用者の要望や事業所の都合など、両者の都合を考慮して予定を組み立てていくことが、ケアマネが担う役割となっています。

 

施設ケアマネの場合は、1年に1回ほど、または状態が変化した時などにサービス担当者会議を開きます。

 

モニタリング

居宅のケアマネは少なくても月に1回利用者さんのお宅に訪問し、本人や家族とサービスについて話し合いをします。

 

・サービス内容が本人や家族の要望に沿っているか

・本人の生活上の困難を解決できるサービス提供が行われているか

・本人の健康状態の観察

・現状のサービスに過不足はないか

などを話し合いながら、利用者さんの現状について把握することが目的です。

 

この作業を「モニタリング」といいます。

家族の要望や本人の状態変化があった場合には、都度ケアプランを変更していく必要があるんですね。

 

モニタリングは、利用者さんに適切なサービスがしっかりと提供できているかを確認する大切な業務の1つです。

 

給付管理業務

介護保険制度を利用してサービスを受けると、料金は次のような請求になります。

利用者負担は料金の1~3割(収入や財産によって割合は異なる)

残りの7~9割は介護給付費として「国民健康保険団体連合会」(国保連)に請求

※一部自費もある

 

給付管理業務の簡単な流れは以下の通り。

・サービス事業所は、利用者さんに対して実施したサービスの料金(介護給付費)を国保連に請求する。

 

・ケアマネは、サービス事業所から送られてきたサービスの実施内容をとりまとめて書類を作成し、国保連に提出。

 

・サービス事業所が作成した書類と、ケアマネが作成した書類に相違がないことを確認し、国保連は介護給付費を支払う。

 

数人であればそれほど手間ではないかもしれませんが、40件近い介護請求をすることになるのでけっこう大変です…

 

給付管理業務は、事業所の収入に関わるとても重要な業務になります。

 

ケアマネはその人に適切なサービスを提供するだけでなく、本人の金銭状況も考慮したサービスの組み立てが必要になってくるんですね!

 

ケアマネは仕事量が多く給料が安い?

「ケアマネは仕事量に対して給料安い」

という声が多い仕事ですが、具体的に給料はどのくらいなのでしょうか?

 

ケアマネの給料を、他の福祉従事者と比べながらお伝えしていきます。

 

介護従事者平均給与額(常勤,特定処遇改善加算ありの場合)

職種 平均給与(円)
介護職員 333,790
看護職員 388,470
生活相談員 362,120
理学療法士・作業療法士など 367,790
介護支援専門員 366,910
管理栄養士 326,360

出典元:令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要

 

この表を見ると、看護師・作業療法士についで3番目に高い給料になってますね。

 

もちろん、働く事業所や働き方よって給与は違ってきます!

 

最近では

・ケアマネの受験資格変更により、目指す人が少なくなっている。

・介護福祉士処遇改善金による介護福祉士の給料の増額で、ケアマネを目指すメリットが減っている。

このような傾向が見られています。

 

ケアマネの平均的な給与を見ると、個人的には介護福祉士のキャリアアップとして目指しても良い資格だと思いますけど…

 

今後のキャリアアップについての参考にして頂けたらと思います。

 

介護福祉士の平均収入に関する記事がありますので、よければ参考にしてください。

 

ケアマネにはどうやってなるの?

ケアマネの受験資格や勉強方法などについて、過去の記事で紹介しています。

詳しく知りたい人は記事を参考にしてみて下さい。

 

 

受験資格について、ここでは簡単に説明させて頂きますね。

 

まずケアマネージャーになるためには、都道府県で年に1回実施される

「介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネジャー試験)」

に合格する必要があります。

 

ケアマネ試験合格

    ☟

ケアマネ研修を受ける

    ☟

登録申請

 

ケアマネとして働くには、上記のような過程が必要です。

 

ケアマネは国家資格ではなく、都道府県が管理する公的資格です。

 

受験資格について

受験資格は2通りあります。

特定の国家資格で実務経験が5年以上、従事した日数が900日以上である。

以下の国家資格の実務経験が必要です

医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士(管理栄養士含む)、精神保健福祉士

 

相談援助業務に従事している

介護施設などで

「生活相談員、支援相談員、相談支援専門員、主任相談支援員」

として相談業務の実務経験が5年以上、従事した日数が900日以上である。

 

試験内容、合格率など

試験内容は60問で、5択のうちから正解を複数選択する方式です。

「介護支援分野」「保健医療福祉サービス分野」があり、どちらも一定の基準を満たさなければ合格できません。

 

約70%が合格ラインであり、問題の難易度に合わせて補正されます。

 

近年の合格率は約10~20%前後です。

約70%ほどの合格率である「介護福祉士試験」よりは難しい問題となっていますね。

 

ケアマネはどんな仕事?やりがいや魅力とは?

上記にて「ケアマネを目指す人が少なくなっている」というお話をしました。

 

そのような中で

「ケアマネはどんなやりがいや魅力があるの?」

と、実際に目指している人は不安に思うかもしれませんね。

 

自分は施設のケアマネを経験して10年目です。

・相談員という立場

・地域ケアプラザが併設されている

以上の点から、居宅のケアマネさんとも多く関わっています。

 

施設ケアマネを経験してきて、そして居宅ケアマネさんと関わってきて感じた

「ケアマネという仕事の魅力、やりがい」

について少し紹介させて頂きますね。

 

自分が作成したケアプランで生活が好転する

ケアプランは、利用者さんやその家族と話し合いながら作成していきます。

本人が困難に感じている課題を、クリアできるようなサービスを提供していく。

 

ケアマネはサービス利用を通して、利用者さんの生活の質が向上する場面に立ち会えるんです。

 

利用者さん
利用者さん
ありがとう、とても助かりました。

など、当たり前のことをしただけでも感謝されたりします。

 

介護福祉士と違い直接的に介護はしませんが、利用者さんの笑顔を見たり感謝されたりするとやりがいを感じますね。

 

色々な人とつながれる

ケアマネという仕事は

・利用者さん

・家族

・福祉サービス事業所

・医者や看護師

・役所の職員

など、あらゆる人とのつながりが持てます。

 

さらに、色々な人の意見を聞くことで、幅広い分野のことを学ぶことができるんです。

 

自分は介護福祉士から資格をとってケアマネ業務を行っていますが、介護の現場だけで学べないことがたくさんあります。

 

いろんな職種の人と関わり、意見を交わし合って経験を広げていける部分が、ケアマネの魅力の1つだと言えます。

 

直接介護とは違う視点で利用者さんと関われる

介護福祉士や看護師などは、直接利用者さんと関わり合いを持って支援していく職業です。

しかしケアマネは、利用者さんと必要なサービスをつなげていく仕事になります。

 

対象の利用者さんに対して

・この人の課題はなんだろう

・どんなサービスにつなげれば課題クリアできるだろうか

・本人や家族はどんなことを望んでいるのか

など、本人や家族の希望に沿い、周辺環境を含めた本人の課題をサービス利用にてクリアしていくんです。

 

直接的な支援ではなく、サービスにつなげる「マネジメント的な視点」で関われるのはケアマネの魅力だと思いますよ。

 

別の記事で「ケアマネの将来性」ついての記事を書いています。

現在ケアマネとして働いている、ケアマネを目指している人など、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

ケアマネとはどんな仕事?まとめ:利用者さんと適切なサービスをつなぐ介護マネジメントのプロである!

ケアマネという職業は、要介護者と適切なサービスとをつなぐ「介護マネジメント」のプロだと言えます。

 

ケアマネの活躍の場

➀居宅支援事業所

②施設ケアマネ

③地域住民を対象とする職場

 

働く場によって対象とする利用者さんの環境や、受け持てる人数なども変わってきます。

 

ケアマネの業務内容はこんなこと

・ケアプランの作成

・要介護認定の支援と認定調査

・サービス事業所との連絡・調整

・モニタリング

・給付管理業務

 

この他にも、利用者さんに関するトラブルに対して対応するなど、突発的な業務も多くありますね。

 

やることが多く大変な仕事と言われていますが、魅力・やりがいも多いですよ。

・自分で作成したケアプランで、利用者さんが暮らしやすくなる

・色々な人とつながれる

・直接介護とは違った視点で利用者さんと関われる

 

ケアマネという仕事は、多くの利用者さんやその家族、他の事業所との関わり合いなどで学べることがたくさんあります。

 

さらに介護保険の制度に関すること、どんなサービスがあるかなどの知識は直接介護だけでは学べません。

 

経験したからこそ言えますが、自分の知識や技術の幅を広げてくれる自己成長につながる仕事です。

 

福祉業界に興味のある人、ケアマネ資格の取得を悩んでいる人は是非ともトライしてください!

今後の自分の人生に必ずプラスになります。

 

長文、読んで頂いてありがとうございました。

それではまた!