勉強 PR

5分で分かる!ケアマネ試験対策おすすめ参考書を1発合格の私が解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

5分で分かる!ケアマネ試験対策おすすめ参考書を1発合格の私が解説

相談者
相談者
ケアマネ試験の勉強するとき、どんな参考書を使って、どんなふうに勉強すれば良いんだろう?

 

ケアマネ試験の勉強をはじめるとき、こんな疑問をもつ人もいるんではないでしょうか?

 

実はこの記事を読めば「ケアマネ試験対策で使用すべき参考書」が簡単に分かりますよ。

 

なぜなら、自分自身が紹介する参考書を使用し、ケアマネ試験に1回で合格したからですね。

さらに、職場の同僚も同じ参考書を使って、2021年度のケアマネ試験に合格しています。

 

この記事の内容

・ケアマネ試験対策の参考書はコレだ!

・参考書はこのように使って勉強しよう

・実際に試験を受けて、お伝えしたいこと・アドバイス

 

この記事を読めば、ケアマネ試験対策のおすすめ参考書や勉強法が、簡単に理解できますよ。

 

この記事を書いた人:しゅうへい・ジャパン

職業:高齢者福祉施設勤務(15年目)

趣味:筋トレ・読書・Twitterなど

ケアマネ受験の経験から、「試験対策におすすめな参考書」についてお伝えします。

 

 

この記事の信頼性:介護福祉士、ケアマネ、社会福祉士の資格を取得しています。

 

 

 

 

ケアマネ試験対策にはこの参考書がおすすめ!

ケアマネ試験対策には以下の2冊の参考書がおすすめです。

  1. ユーキャンの「ケアマネジャー速習レッスン」
  2. ユーキャンの「過去問完全解説」

 

理由は、解説が理解しやすく丁寧に書かれているし、図解や表が多いので覚えやすいからですね。

 

ポイントになる箇所は太文字で教えてくれるし、ページの端には「用語の説明」などもあるので、とにかく分かりやすい。

 

実際に自分もユーキャンの参考書を使って、ケアマネ試験に合格しました。

 

ケアマネ試験に向けて勉強するときは、「ユーキャンのテキストと過去問」をチェックしてみてください。

 

テキストと過去問の2冊について、少し解説していきますね。

 

ユーキャン「ケアマネ速習レッスン」

ユーキャンの「ケアマネ速習レッスン」は、教科書として使っていく参考書になります。

「ケアマネ教科書の定番」と書いているだけあって、こまかく丁寧に解説されているんですよ。

 

ユーキャン速習レッスンのおすすめポイント

  • 図解や表が多く、理解しやすい
  • 過去に試験にでた部分がすぐに分かる
  • 各章の終わりに予想問題があり、自分の理解度が把握できる

 

図解や表が多くて理解しやすいし、大切な部分は太文字で書いてあるので、ポイントが分かりやすく学べるんです。

 

各項目の最後にある「過去&予想問題」は、知識を確認する「小テスト」的な役割になります。

覚えた知識を確認するとき、大きな助けになってくれますよ。

 

テキストを勉強する目的ってなに?

「試験の問題に答えられれば良いんじゃないの?」と思う人も多いのでは?

しかし、テキストもしっかり勉強しておかないと、試験問題を解くとき影響がでてくるんです。

 

テキストを勉強する意味とは?

  • 専門用語や介護関係の法律など必要な知識を学ぶため
  • 試験対策として問題の意味を理解するため

 

テキストを勉強すると、ケアマネに必要な知識を体系的に学べます。

試験のときに、問題の意味が分からないと回答することができません。

 

過去問だけ勉強しても、断片的な知識しか学べないんですよね。

テキストを勉強して、用語の意味・法改正などについてしっかり学んでおきましょう。

 

ユーキャンの「過去問完全解説」

 

テキストと同様に、ユーキャンの過去問完全解説も使いやすいですよ。

過去5年分の過去問を解説している1冊。

各分野の出題傾向、分析や対策なども書いてあるので、効率的に勉強できます。

 

ユーキャン過去問完全解説のおすすめポイント

  • 問題の出題傾向を把握し、分析の結果や対策を知ることができる
  • 回答ごとに詳しく解説されている
  • 各問題に「回答のポイント」が記載されている

 

各問題の選択肢について、1問づつこまかく解説してあります。

〇か×だけを覚えるのではなく「なぜ〇なのか、×なのか」をしっかり勉強しなければなりません。

 

また、過去問の最後には「合格エッセンス」として、図や表で分かりやすく説明されている項目もあるんですよね。

 

過去問を勉強する目的ってなに?

過去問を勉強する目的は2つ

過去問を勉強する意味とは?

  • 多くの問題に触れて問題に慣れていくため
  • 出題傾向の把握と知識の確認のため

 

ケアマネ試験の問題は、言いまわしが分かりづらい場合があります。

いろんな問題に触れて、出題傾向を把握し、問題を解くことに慣れる必要があるんです。

 

過去問を何度も勉強し、問題を解くコツを習得していくことが合格への近道になります。

 

その他のケアマネ試験対策おすすめ参考書

「ユーキャンの参考書を確認したけど、あまり自分に合わないな…」

「ユーキャンの他に良い参考書ってあるの?」

なんていう人は、中央法規の参考書をチェックしてください。

 

具体的には

中央法規のケアマネ参考書

  1. ケアマネジャー試験ナビ
  2. ケアマネジャー過去問解説集

上記の2冊がおすすめですよ。

 

ケアマネ試験では中央法規は使用していませんが、社会福祉士試験のときに中央法規の参考書を使いました。

その結果、1回で社会福祉士の試験に合格することができています。

 

試験のあとにテキストを購入して勉強してみましたが、オールカラーで頭に入りやすく学びやすいテキストだと感じました。

 

ユーキャンと同じく図解などが多く覚えやすいし、丁寧な解説でスムーズに学ぶことができますよ。

 

テキスト購入を検討しているのであれば、中央法規の参考書をぜひチェックしてみてくださいね。

 

中央法規の参考書2冊について、少しづつ内容をお伝えしていきます。

 

見て覚える!ケアマネジャー試験ナビ

こちらは教科書的な役割として使用する参考書になります。

おすすめポイントは以下の2点。

 

ケアマネジャー試験ナビのおすすめポイント

  • オールカラーで図解や表が分かりやすい。
  • 重要ポイントが赤字で書いてあり1目でわかる。

 

こちらのテキストは、オールカラーでとにかく見やすい部分が強みですね。

 

重要なポイントがすぐに理解できるので、知識として頭に残りやすくなっています

イラストや図解も多く、表紙の通りに「見て覚える」ことができるテキストです。

 

各分野の終わりには「過去問チェック」もあるので、知識が身についているか確認することもできます。

 

試験ナビはユーキャンのテキストと比べて、図や表、イラストが多いので、読むより見て勉強したい人におすすめです。

 

ケアマネジャー過去問解説集

中央法規の過去問題集になります。

ユーキャンの過去問と同様に、過去5年分の問題が収録されている問題集です。

 

中央法規の過去問おすすめポイント

  • 各選択肢ごとに詳しく解説されている
  • 問題を解くポイントも把握できる

 

選択肢ごとに解説されているので問題を解く練習になるし、必要な知識もみにつきますよ。

各問題に「出題頻度」も書かれているので、問題の重要度も学べるんです。

 

また「ときテク」という、問題を解くコツを解説してあるページもありますね。

問題に対して「抑えておきたいポイント」がすぐに理解できますよ。

 

問題を解くコツやポイントを抑えながら、効率よく勉強していきましょう!

 

時間があれば一問一答もやっておこう

・ユーキャン:ケアマネジャーこれだけ一問一答

 

・中央法規:過去問でる順一問一答

基本的には「テキスト」と「過去問」を繰り返し勉強すれば、試験対策はOKです。

しかし、早く勉強を始めて余裕があったり、参考書2冊では不安という人は「一問一答」での勉強もおすすめですよ。

 

ケアマネ試験対策に重要なことは「多くの問題に慣れておく」ことだからですね。

出題傾向がことなる問題をいくつもこなしていくことで、実力もつくし出題傾向もつかめてきます。

 

しかも一問一答の利点は「短い時間で勉強できる」というところ。

通勤・通学や昼休憩など、スキマ時間に勉強できるという部分が大きなポイントなんです。

 

ケアマネの勉強は、必ずその年度の参考書で行いましょう。

こまかい法律の改正などがあるので、過去の参考書で勉強すると点数を損してしまう可能性があります!

 

ケアマネ試験対策の参考書はどうやって使う?

ケアマネ試験対策として、テキストと過去問を併用しながら学んでいく方法がおすすめです。

 

では、実際にどのように参考書を使って勉強すれば良いのか?

やることはシンプルで2つだけ。

テキスト、過去問を使っての勉強方法

  1. テキストを3~5周ほど読んで学ぶ
  2. 過去問の5年分を3~5周、繰り返し解いていく

 

テキストで知識をインプットして、過去問でアウトプットしていく方法が効果的です。

 

問題に書いてある専門用語や、法律の仕組みなどを学ぶためにテキストで勉強。

そして、実際に学んだ知識を使って過去問を解き、回答のコツやポイントを学ぶ。

 

テキストで勉強 ☞ 過去問を解く

この繰り返しが1番の試験合格への近道になります。

 

テキストと過去問、どちらか一方では知識や回答技術が不十分になってしまうので注意!

 

こんな勉強法はNG!

上記の方法が効果的かつ効率的な勉強方法です。

勉強していく中で、自分流のやりやすい勉強法などを見つける人もいるかもしれません。

 

自分に合った勉強法があれば、その方法でOKですよ。

効率的で生産性の高い勉強法が1番なので!

 

しかし、以下の2つの勉強法はおすすめしません。

  1. 参考書を何冊も購入して勉強する
  2. ノートにテキストや過去問のポイントをまとめる

 

この2点の勉強方法は効率が悪く、時間も無駄になってしまう可能性が高いです……

その理由を解説していきます。

 

おすすめしない勉強法➊:複数の参考書で勉強する

いろんな参考書を購入しても、内容を理解しないと意味ありませんよね?

多くの参考書を購入しても、インプットする量が多すぎて知識が中途半端になってしまいます。

問題に解答できる体型的な知識が必要なので、1冊の参考書を完璧に勉強するほうが効率的なんです。

 

おすすめしない勉強法➋:要点をノートにまとめる

これをやると、ノートにまとめたことで満足し、学ぶ時間や労力が削られる可能性があります。

テキストや過去問は、各出版社のスペシャリスト達が作り上げたもの。

すでに学びやすくまとまっています。

 

ケアマネ試験の出題範囲も広いので、ノートにまとめる労力はインプットとアウトプットに全振りのほうが効果的です。

 

「ケアマネのおすすめ勉強法」を別の記事にて詳しくお伝えしています。

※内容は重複している部分があります。

 

スマホアプリや無料サイト、YouTubeでも学べます

好きな時間に一問一答も良いですが、スマホのアプリや無料サイトでも勉強することができます。

自分が使用していたのは下記の無料サイトです。

 

「岡野の合格無料ゼミ」

サイトはこちら

 

無料で登録できて、約7,000問もの問題が用意されています。

※一部有料部分もあり

 

スマホのアプリやYouTubeでも多く学びの場が提供されています。

とても多いので紹介しきれませんが、参考までに調べてみるのも良いですね。

自分にあったサイト、アプリが見つかるかもしれませんよ。

 

ケアマネ試験対策、勉強期間はどのくらいが良いの?

実体験からお伝えしますと、自分は10カ月ほど勉強して合格できました。

「どれくらい勉強期間を設ければ合格できるか?」

は、個人の「1日にどれだけ時間がとれるか」にもよるので、一概にはいえません。

 

体験談からお伝えすると、ケアマネ試験に向けての必要な勉強期間は6ヵ月~1年ほどが良いでしょう。

職場の合格した人に聞いても、このあたりの期間が多かったですね。

 

・6ヵ月より少ないと、1日の勉強時間次第では10月の本試験に間に合わない可能性があります。

・1年以上の勉強期間は、モチベーションの維持が難しいです。

※10カ月の自分でも、モチベーションの維持が大変でした…

 

6ヵ月~1年前から勉強スケジュールをたてておくと、試験までにしっかりと勉強ができます。

 

あまり慌てて勉強することのないよう、余裕を持ったスケジュールで勉強していきましょう。

 

例:実際の自分の勉強スケジュール

経過時間 勉強スケジュール
スタート~3カ月目 最初はテキストを徹底的に読み込む
3カ月~6ヵ月 各分野ごとにテキストを学んで過去問を解いていく
6ヵ月~9カ月 全部を通して、テキストと過去問を繰り返す +αでサイトで勉強
ラスト1カ月 過去問とサイトで問題をひたすら解く

 

勉強の始まりは「習慣」を作ることから

ケアマネ試験対策には、勉強のスケジューリングも大切な要素になってきます。

期間が短いと間に合わないし、長すぎるとモチベーションが維持しづらい。

余裕をもったスケジュールを組みましょう。

 

それはなぜか?

最初は勉強習慣が身についていない

これが理由ですね。

 

働きながら、家事・育児をしながら勉強する人も多い、勉強時間を捻出するのも大変な労力になります。

勉強の始めは「勉強の習慣づけ」から入りましょう。

 

最初は1日に10分からでもかまいません。

1ページ読む、1問だけ問題を解くなど、本当に小さなことから始めていきます。

 

しかし、それを必ず毎日やってください。

勉強習慣を身につけることで、次第に机に向かうことが日常になり、費やす時間も増えていきます。

 

「千里の道も1歩から」

最初はあせらずに、勉強の習慣を身につけるところから始めましょう。

 

「独学ではムリ」っていう人には通信講座もおすすめ!

  • 「おすすめの参考書は分かったけど、独学はやっぱり難しい」
  • 「自分だけでは勉強方法も分からないし、モチベーションが維持できないよ」

そんな人もいるかもしれませんね。

 

1人での勉強では不安、モチベーションが維持できないという人には

「ケアマネ通信講座」

も、おすすめなんです。

 

通信講座ではある程度カリキュラムが決まっており、効率的に勉強できるようになっています。

期間も設定されているし、独学とは違って分からない部分は質問可能なんです。

 

自分は独学で受かることができましたが、通信講座を受けようと調べたこともあります。

実際に職場の同僚は、通信講座を利用してケアマネ試験に合格していますよ。

 

「参考書を使っての独学はキビシイ!」

と思う人は、ケアマネ通信講座をチェックしてみると良いですね。

 

企業によって講座内容や金額がことなりますので、企業のサイトをよく確認してみましょう。

 

このあと、人気の通信講座を5つ紹介していきます。

 

通信講座のメリット・デメリットについて

通信講座のメリット・デメリットについて紹介していきます。

 

ケアマネ通信講座のメリットについて

  • 効率的に勉強できる
  • 質問できる環境がある

 

ケアマネ通信講座は期間が決まっており、そのなかで効率的な勉強方法を提示してくれます。

しかも、独学で学ぶのと違って、質問できる環境が整っているんですよ。

 

効率よく勉強でき、悩みや疑問が聞ける環境であることが、通信講座のメリットといえますね。

 

ケアマネ通信講座のデメリットについて

  1. 費用が高額である
  2. カリキュラムが決まっている

 

1番のデメリットは、やはり費用が高額であること。

独学の場合:参考書代で1万円以内

ケアマネ通信講座の場合:安くても3万円ほど

参考書の購入と比べて、3倍以上の金額が掛かってしまうんです。

 

あとは、勉強のカリキュラムがある程度決まっていること。

スケジュールを立てるのが苦手な人は、とても助かる部分ではありますよね。

しかし、自由に勉強を進めていきたい人にとっては、少し窮屈に感じるかもしれません。

 

費用の部分と勉強のカリキュラムが決まっていることが、ケアマネ通信講座のデメリットとなります。

 

人気のケアマネ通信講座を紹介

ケアマネ通信講座は、いろんな企業で開催しています。

ここでは、人気のケアマネ通信講座5選を紹介していきますね。

①ユーキャン

費用:49,800円

受講期間:6ヵ月

ユーキャンのケアマネ講座をチェックする

 

②ヒューマンアカデミーたのまな

費用:ケアマネジャー合格総合講座:45,000円

ケアマネジャー合格講座DVDコース:33,000円

受講期間:3カ月(在籍は12カ月可能)

ヒューマンアカデミーたのまなのケアマネ通信講座をチェックする

 

③資格の大原

費用

先行学習プラン:52,000円

ケアマネジャー合格コース:68,000円

受講期間:約5カ月

資格の大原のケアマネ通信講座をチェックする

 

④ニチイ

費用

通信+スクーリングコース:約70,000円

受講期間:4カ月 ※最短2カ月

通信コース:約35,000円

受講期間:6ヵ月 ※最短2カ月

ニチイのケアマネ通信講座をチェックする

 

⑤三幸福祉カレッジ

費用

筆記通信コース:33,000円

ウェブ学習コース:25,000円

※コースの種類が多数あり

受講期間:2カ月

三幸福祉カレッジのケアマネ通信講座をチェックする

 

ケアマネ通信講座がどんなものか興味がある人、受講を考えている人は参考にしてみてください。

 

もう少し詳しく「ケアマネ通信講座」について知りたい人は、こちらの記事を参考にどうぞ。

 

経験者は語る、ケアマネ受験のこんなところに注意しよう!

実際にケアマネ受験を経て

「今の自分が受験するんだったら、こんなところ注意する!」

というポイントが3つほどあるんです。

 

ケアマネ試験の注意点
  1. 問題の言い回しに注意!
  2. 回答の数は大丈夫?
  3. 焦りは禁物

 

この3点を意識することで、落ち着いて問題が解けたり、点数の取りこぼしを防げたりしますよ。

 

  • ケアマネ受験に興味のある人
  • これから受験を考えている人

このような人たちは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ケアマネ試験問題、言い回しに注意して!

問題を1回読んで、「こんなの全然わからん…」と思うことは何度もあります。

しかしよく読むと、過去問で解いた問題と言い回しが違うだけ、という問題もあるんですね。

 

問題をよく読んで、自分の知識と照らし合わせてみましょう。

意外と言い回しが違うだけで、内容が似ている問題も少なくありません。

 

あせらず、ゆっくり問題を読んでいきましょう。

 

答える回答の数に注意!

ケアマネ試験は、1つの問題に対して選択肢の中から正解を複数答える形式です。

「正解を2つあげよ」という問題で、1つしか答えないともちろん不正解。

 

試験のときは少なからず、緊張や焦りがでてきてしまうものです。

問題をよく読んで、あせらずに問題に書いてある選択肢の数を回答してください。

 

分からない問題があってもあせらずに!

たまに、1ミリも分からない問題が出題されます。

最初から最後まで書いてあることが意味不明な問題。

 

こんな問題が出題されてもあせらないで、ゆっくり深呼吸して問題を再確認しましょう。

選択肢の中に知っている言葉があったりもします。

もちろん、本当に見当がつかない場合もあるんですが…

 

そこで止まってしまっては、すべての問題を解く時間がなくなってしまいます。

あせって「どうしよう」はさけて、どんどん問題を解くことに集中してください。

 

ケアマネ試験の参考書まとめ:ユーキャンか中央法規の参考書で、効果的な勉強をしよう

ケアマネ試験対策のおすすめ参考書2冊

  1. ユーキャンの「ケアマネジャー速習レッスン」
  2. ユーキャンの「過去問完全解説」

 

テキストで必要な知識を学び、過去問題集で問題に慣れながら解きかたを勉強しましょう。

 

中央法規のおすすめ参考書

  1. ケアマネジャー試験ナビ
  2. ケアマネジャー過去問解説集

 

おすすめ勉強方法

  1. テキストを3~5周ほど読んで学ぶ
  2. 過去問の5年分を3~5周、繰り返し解いていく

 

テキストでインプット⇒過去問でアウトプット

この勉強法がシンプルイズベスト。

 

多くの参考書で勉強したり、テキスト・過去問の要点をノートにまとめる勉強法はおすすめできません!

 

ケアマネ通信講座のメリット・デメリット

メリット

  • 効率的に勉強できる
  • 質問できる環境がある

デメリット

  • 費用が高い
  • 勉強のカリキュラムがある程度決まっている

 

人気のケアマネ通信講座5選
  1. ユーキャン
  2. ヒューマンアカデミーたのまな
  3. 資格の大原
  4. ニチイ
  5. 三幸福祉カレッジ

 

 

ケアマネ試験は範囲も広く、合格率も20%ほどで福祉関係では難しい部類の試験になります。

勉強期間中は、不安があったりモチベーションの維持も難しいです。

 

多くの受験者がそれを乗り越えて合格を勝ち取っています。

簡単に合格できる方法、近道なんてありません。

地道に努力した人が合格していますよ。

 

地道にコツコツと、真剣に努力している人の助けとなる記事になればと願っています。

 

長文を最後まで読んで下さって、ありがとうございました。

それではまた!