福祉関係 PR

介護歴15年の現役職員が介護福祉士のメリットを簡単に解説する記事

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

介護歴15年の現役職員が介護福祉士のメリットを簡単に解説する記事

相談者
相談者
介護の仕事をするなら「介護福祉士」の資格は取ったほうが良いのかな?介護福祉士のメリットってなんだろう?

 

介護福祉士のメリットについて、こんな疑問もったことありません?

 

実はこの記事を読めば「介護福祉士のメリット」について、とても簡単に理解できます。

 

なぜなら自分が約15年間働いてきた実体験から、介護福祉士のメリットについてお伝えできるからですね。

 

この記事はこんなこと書いてます

・介護福祉士のメリット・デメリット

・介護福祉士の資格について

・自分の経験から「介護福祉士の仕事」について思うこと

 

この記事を読めば、介護福祉士のメリットやデメリット、介護福祉士という資格について簡単に理解できますよ。

 

この記事を書いた人

名前:しゅうへい・ジャパン

職業:福祉施設で勤務している(15年目)

趣味:筋トレ・読書・Twitter

介護士・ケアマネ・相談員と色々やってます

 

 

介護福祉士とはどんな資格?

「介護福祉士」という資格は「社会福祉士及び介護福祉士法」に制定されている介護関係の資格であり、介護職では唯一の国家資格になります。

 

以下、社会福祉士及び介護福祉士法より抜粋

専門的知識及び技術をもって,身体上又は精神上の障害があることにより,より日常生活を営むのに支障がある者につき入浴,排せつ,食事その他の介護を行い,並びにその者及び介護者に対して介護に関する指導を行うことを業とする者をいうものとすること。

 

専門的な技術と知識をもって、利用者さんに入浴・排せつ・食事介助を行うこと。

そして、同じ介護職に対して適切な介助方法を指導していくことを役割としています。

 

介護福祉士とは資格の名前であり、職業ではありませんので注意!

 

介護福祉士の仕事内容について、他の記事で詳しく解説しています。

よかったら、参考にしてみてくださいね。

 

介護福祉士の資格の取り方について

介護福祉士の資格の取り方にはいくつかのルートがあります。

➀養成施設を卒業するルート:介護福祉士養成施設などを卒業⇒国家試験

②実務経験を経て資格を取得するルート:実務3年+研修を受ける⇒国家試験

③福祉系の高校を卒業するルート:福祉系高校卒業後に実務経験+講習⇒国家試験

 

働きながら資格をとる場合には②の「実務経験3年+研修」のルートで国家試験を受ける人が多いです。

 

自分もこのルートで資格を取得しました。

 

別の記事では「介護福祉士試験におすすめの参考書」を解説しています。

資格試験に興味のある人、受験する人などは参考にどうぞ。。

 

介護福祉士の実務者研修や初任者研修に興味のある人は、下記の「ケア資格ナビ」のサイトから無料で資料請求ができます。

ケア資格ナビはこちら

 

試験概要

試験は1年に1回。

毎年1月の最後の日曜日に試験日が設けられています。

問題は125問で、おおよそ6割が合格基準です。

ルートによっては実技試験が必要な場合もありますので要注意!

 

過去の記事で「介護福祉士試験の難易度」について解説しています。

詳しい試験概要や勉強方法などを書いていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

申し込み方法や試験に関する情報を知りたいかたは

「公益財団法人 社会福祉振興・試験センターのホームページ」

でチェックしてくださいね。

ホームページはこちら

 

介護福祉士のメリットとは?

介護福祉士にはいくつかのメリットがあります。

介護士として無資格でも同じ仕事はできますが、有資格者の方が優遇される場面が多いですね。

 

介護福祉士は「名称独占」という資格であり、無資格でも有資格者と同じ仕事ができます。

しかし、介護福祉士と名乗ることはできません。

 

そんな「介護福祉士のメリット」について紹介していきます。

 

介護士としての信頼性を得られる

介護福祉士とは、介護系の唯一の国家資格です。

やはり、無資格の人よりは有資格者のほうが信頼性がありますよね。

 

自分の働いている施設では、現場勤務にて無資格で働いている人が全体の1~2割ほど。

 

介護の仕事をしている人であれば資格を持っている人が多く、無資格では働けないという事業所もあるほどです。

会社でのキャリアアップに影響してくる資格でもあります。

 

・無資格では働けない事業所がある

・組織でのキャリアアップに影響する

この2つを考えると、社会的にも会社的にも信頼性がある資格だといえますね。

 

転職に有利にはたらく

介護福祉士の資格を取得するメリットの1つに「転職に有利にはたらく」といった点があります。

 

働いている事業所が自分に合わなかったり、引っ越しなどで職場を変えなければならないときに有利になりますね。

 

介護福祉士の資格があれば、日本全国に多くの就職先があります。

先ほど説明した無資格では働けない事業所でも、資格を持っていれば働くことが可能です。

 

同じ介護の仕事でも

デイサービスから福祉施設に転職する

といった違う職種に就職する際にも、有資格者の方が有利になりますよ。

 

給料や待遇面にも、有資格と無資格では差がでることが多いですね。

 

別の業種から介護士になる人は結構多くて、自分もおすすめしています。

詳しくは別の記事で解説しているので、ぜひ読んでみてください。

 

キャリアアップにつながる

介護福祉士の資格を取得することには、取得後のキャリアアップに大きく影響します。

 

有資格という信頼性もあり、職場のリーダーに抜擢されることも多いですね。

さらに、介護の現場以外の仕事も任されることもあります。

リーダーの役割

・職場の環境整備

・労働環境の改善

・業務改善 など

 

会社内で「昇進して給料があげていく」というキャリアアップも目指せます。

さらにケアマネや社会福祉士など、あらたな資格を目指すモチベーションにもつながっていきますよ。

 

ケアマネは介護福祉士などの国家資格をとり、5年の実務経験が必要。

社会福祉士は相談員の経験があると実習が免除になるなど、メリットがあります。

 

介護福祉士のキャリアアップについて過去の記事で説明しています。

興味のあるかたは、ぜひチェックしてみてください。

 

介護福祉士のデメリットってあるの?

介護福祉士のデメリットは正直あまりないんですよね…

自分が取得した経験から考えて、いくつかデメリットを挙げてみました。

 

「介護福祉士は取得するメリットはあるのか」という疑問の判断材料として参考にして下さい。

 

お金と時間が掛かる

介護福祉士の資格取得にはお金と時間が必要になります。

受験料:18380円(令和3年度から3080円値上げ)

試験に合格した場合

登録免許税9000円+登録手数料3320円、合計12320円が必要

 

そのほかに

・参考書代

・講習の料金(講習を受けた場合)

・交通費(試験会場までの交通費など)

・研修費用(実務者研修、初任者研修など)

こまかい部分でもいろいろお金が必要になってきます。

 

資格取得には時間も必要です。

まずは、資格試験の勉強が必要ですよね?

介護の養成施設を卒業する場合は1~2年、実務経験であれば3年は必要になります。

介護福祉士の資格取得にはお金と時間がかる、それがデメリットの1つですね。

 

介護業界以外の業種ではあまり有効でない

介護福祉士の資格は、介護業界の転職には有利にはたらきます。

しかし介護業界以外に転職する場合には、あまり有効ではないんです。

 

簿記や英検などは、就職で有利になる場面が多いと思います。

しかし介護福祉士の場合は、残念ですがそのような場面がほとんど見られませんね…

 

時間とお金をかけて取得した資格ですが、介護業界以外で活かせる部分が少ないのが介護福祉士資格のデメリットになります。

 

資格を取得すると「できてあたりまえ」と思われる

介護福祉士は「介護のプロ」としての資格です。

資格をもっていれば「プロなんだからできるでしょ?」と思われる部分があるんですよ。

 

とくに利用者さんの家族からそのように思われることが多いです。

 

対応がむずかしい利用者さんに対して、ご家族から

「資格持っていてプロなんだから、ちゃんとやってちょうだい!」

とクレームが聞かれることが多くあります。

 

しゅうへい
しゅうへい
いや、プロでもできないことはたくさんあるんですよ!

 

と言いたいところですが、そこは上手く話を合わせていくしかありません…

 

「資格を持っていればどんな困難にも対応できる」と思われてしまう部分も、有資格のデメリットといえますね。

 

介護経験15年、自分が思う介護福祉士という仕事

15年間介護の現場で働いており、ケアマネや相談員を兼務しています。

・介護福祉士という仕事に興味がある

・介護福祉士を目指している

という人に、いくつかお伝えしたいことがあります。

 

個人的な意見になりますので、参考程度に読んでみて下さい。

 

介護業界で働くのであれば、介護福祉士の資格は取るべき!

上記で「自分のはたらく施設で無資格の人が1~2割いる」とお伝えしました。

逆に8~9割の人は有資格者であるということ。

 

「介護職として持っていてあたりまえ」に近い資格なんです。

ですから介護福祉士の資格は、介護業界で働くのであれば必ず取っておいた方が良いですよ。

 

メリットの部分で挙げましたが、信頼性にもつながりますし、給料やキャリアアップにも影響する資格だからです。

 

毎月の給料の上り幅は少ないかもしれませんが、積みかさなれば相当な金額になります。

しかも「介護職員処遇改善手当」という国が支給する手当でも「介護福祉士である」ことが条件になっています。

 

処遇改善金の分配方法は事業所によってことなります。

 

昇進の基準にも資格の有無が影響してきます。

無資格よりも、資格を持っている方が信頼性があるからですね。

 

試験にも比較的簡単に受かることができるので、受験資格を得たらすぐに資格は取っておきましょう。

 

信頼性と今後のキャリアを考えれば、取らない理由はない資格なんです!

 

介護福祉士はファーストステップ

介護福祉士の資格取得をゴールではなく「スタート」だと捉えましょう。

今後のステップアップとして、最初のミッションであるとの認識が大切です。

 

理由は介護福祉士の資格を取得したあとに、自分の仕事の幅が広がるチャンスが多いからですね。

 

・勤めている事業所内で役職につき、給料アップを目標にする

・あらたな資格取得を目標に設定する

 

例えばケアマネとして利用者さんと関わったり、リーダーになって他の職員を指導したりすると仕事の幅が広がるんです。

 

それが仕事のやりがいやモチベーションにつながっていきます。

 

介護福祉士の資格をファーストステップにして、もっと上を目指して行きましょう。

すると、もっと仕事が楽しくなりますよ!

 

介護福祉士の「やりがい」がやる気やモチベーションにつながる

毎日忙しく働いていると、目標に向かって努力したりモチベーションを維持したりが難しい場合があります。

 

そんな忙しい中でも、介護の仕事に「やりがい」を感じる部分があるんです。

・利用者さんに「ありがとう」と感謝され、笑顔にいやされる

・仲間と助け合って忙しい勤務を乗り越える

・自分の介助により、利用者さんが自分ではできなかったことができるようになる

 

介護の仕事は体も使うし、心も疲れることが多い職業。

上記のような「やりがい」が、やる気とモチベーションにつながります。

 

介護福祉士は仲間からも利用者からも、笑顔や元気がもらえるやりがいある職業です。

そのようなメンタル的な部分からも「介護福祉士のメリット」を感じることができますね。

 

過去に介護福祉士の「やりがい」についての記事を書いています。

興味があればチェックしてみて下さい。

 

 

まとめ:介護福祉士のおもなメリットは「信頼性とキャリアアップ」にあり!

介護福祉士の資格は「名称独占」で、介護の資格では唯一の「国家資格」になります。

 

介護福祉士のメリット

・介護士としての信頼性の獲得

・キャリアアップにつながる

・転職に有利にはたらく

 

介護福祉士のデメリット

・お金と時間が必要

・介護業界以外では有利にはたらかない

・資格を取得すれば「なんでもできる」と思われる

 

介護の現場で15年働いている自分から伝えたい「介護福祉士の仕事について」

・介護福祉士の資格は取った方が良い

・介護福祉士の資格取得がゴールではない

・介護福祉士は「やりがい」がやる気につながる

 

介護の現場で働いていると、介護福祉士の資格取得だけで満足してしまう職員が多いです。

 

現場の仕事は体力勝負、自分の身体がいつまでもつか分かりません。

環境の変化で、仕事を続けることがむずかしくなるかも…

 

介護福祉士の資格で「サービス提供責任者」という事務的な職種につくこともできます。

さらにスキルアップしてケアマネなどの資格を取得すれば、同じく介護現場以外で働くことも可能です

 

介護業界は職種によって仕事内容がことなるんです。

別の記事では「介護業界の転職」についてお伝えしています。

他の施設や事業所などに興味がある、働きかたを変えてみたい人、転職を考えている人など参考にしてみてください

 

 

もちろん現場の仕事が好きなら続けて全然OK!自分も介護の現場が好きですからね。

 

いろんな働き方ができたほうが自分の仕事の幅が広がりますし、自分で働き方を選択できます。

自分で選択できるってすごく楽しいしやりがいありますよ!

「経験者は語る」ってやつですね。

 

介護福祉士はメリットが多く、取得するべき資格です。

興味のある人、取ろうかどうか迷っている人はぜひとも挑戦してみて下さい!

 

仕事に対するモチベーションも上がり、自信にもつながっていきますよ。

 

長文読んで下さってありがとうございました。

それではまた!

 

働きながら介護福祉士の資格をとるには実務者研修+実務3年の経験が必要です。

実務者研修に興味のある人は、下記のサイト(ユースタイルカレッジ)から、資料申し込みや受講の申し込みができますよ。

※受講エリアは限られます