福祉関係 PR

社会福祉士の資格取得にかかる費用を現役職員が10分で詳しく解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

社会福祉士の資格取得にかかる費用を現役職員が10分で詳しく解説!

相談者
相談者
社会福祉士の資格に興味があるけど、どれくらいの費用がかかるのかな?必要な要件なんかも知りたいな……

 

このように、社会福祉士の資格取得にかかる費用について、悩みや疑問がある人もいるのではないでしょうか。

 

実はこの記事を読めば、社会福祉士の資格取得にかかる費用が、簡単に理解できるんです。

 

自分も過去に同じ悩みや疑問を抱えており、色々と調べながら社会福祉士の資格を取得した経験があります。

 

実体験をもとに、「社会福祉士の資格取得にかかる費用」についてお伝えしていきますね。

 

この記事で解決できる疑問や悩み

・社会福祉士の資格はどうとるの?

・社会福祉士の資格取得にかかる費用はどのくらい?

・資格取得のために通う大学・養成施設の選び方

・社会福祉士の資格取得にかかる費用を負担する制度について

 

この記事を読めば、社会福祉士の資格取得にかかる費用や、学校・施設の選びかたなどが簡単に理解できますよ。

 

【この記事を書いた人】しゅうへい・ジャパン

【職業】介護職員、ケアマネジャー

【趣味】筋トレ、読書、アニメ鑑賞など

社会福祉士の資格取得の経験から”社福の資格取得にかかる費用”についてお伝えします。

 

 

この記事の信頼性:介護福祉士、ケアマネ、社会福祉士の資格を取得しています。

 

 

 

 

社会福祉士の資格はどうやってとれるの?

社会福祉士の資格をとる場合、以下の12個のルートのいずれかにそって受験資格を得る必要があります。

 

社会福祉士の受験資格取得ルート図

参照元:社会福祉振興・試験センター

 

注意点としては、どのルートでも国家試験に合格する必要があるということです。

一般、短期養成施設については、後ほど解説していきます。

 

社会福祉士の資格取得を目指すときには、自分がどのルートで受験資格をとるべきか、しっかり確認しておきましょう。

 

働きながら資格取得を目指す場合、第1号ルートや第3号ルートで受験資格取得を目指す人が多いです。

 

社会福祉士の試験の難易度について、他の記事で詳しくお伝えしています。

興味がある方はチェックしてみてください。

 

受験資格を取得するルートについて

福祉系の4年生大学、短期大学を卒業している場合

・福祉大学(短期大学)卒業+指定科目履修+相談援助実務(短大のみ)

・福祉大学(短期大学)卒業+基礎科目履修+相談実務(短大のみ)+短期養成施設

 

一般の大学、短大を卒業している場合

・一般大学(短大)+相談実務(短大の場合)+一般養成施設等(1年以上)

 

社会福祉主事養成機関に通う場合

社会福祉主事養成機関+相談援助実務+短期養成施設

※社会福祉主事養成機関について、詳しくは厚生労働省ホームページで検索できます

社会福祉主事養成機関についてはこちら

 

実務経験を積んで試験を受ける場合

・相談援助実務4年

指定の職種の実務経験4年+短期養成施設

※指定の職種5種とは

  1. 児童福祉司
  2. 身体障がい者福祉司
  3. 知的障がい者福祉司
  4. 査察指導員
  5. 老人福祉指導主事

※実務経験について、詳しくはホームページにて確認してください。

社会福祉振興・試験センター、実務経験について

 

選択するルートによってかかる費用や年数がことなるので、自分が選択するルートをよく確認しておきましょう。

 

社会福祉士の資格の取りかたについては、別の記事で詳しくお伝えしています。

 

社会福祉士の資格取得にかかる費用はどれくらい?

上記でも説明しましたが、選択するルートによってかかる費用、年数は大きく違ってくるんですよね。

 

この見出しでは、大学や一般・短期養成施設に通った場合にかかる費用に加えて、通信講座や受験料についてお伝えしていきます。

 

受験資格を取得するルート別、かかる費用と年数

ルート かかる費用 期間
福祉大学卒業 約400万円 4年(編入あり)
一般養成施設 50~100万円 1年以上
短期養成施設 30~40万円 6ヵ月以上

 

通信講座の費用と試験の受験料について

通信講座を受講する場合にかかる費用と期間

通信講座:約5万円

学習期間:約6ヵ月

 

受験料と登録料

社会福祉士の受験料:1万9,370円

登録料:1万5,000円

 

自分の選んだルートでどのくらいの費用がかかり、どの程度の期間が必要なのか確認してみてください。

 

それぞれのルートや通信講座について、詳しい金額など具体例をあげながらお伝えしていきます。

 

福祉系の大学に通う場合

福祉系の大学を卒業する場合、日中に通うか・通信課程で学ぶか、大きく分けて2通りの方法があります。

福祉系大学での学びかた

  1. 日中に大学へ通う
  2. 通信課程で学ぶ

(➀➁ともにスクーリング、実習あり)

※実務経験があれば実習免除になる方もいます。

 

いずれの方法でも社会福祉士の受験資格を得ることができますが、かかる費用に差がでてくるんです。

具体的な大学を3つほど例にあげて、お伝えしていきますね。

 

日中に大学へ通い卒業するケース

大学名 学費
日本福祉大学 初年度131万円(2年目以降確認)
東京福祉大学 初年度145万(2~4年で約340万円)
東海大学 初年度152万円(4年で500万円)

 

大学の通信課程で学ぶケース

大学名 学費
日本福祉大学 133万円(4年)
東京通信大学 約104万円(4年)
佛教大学 87万5,000円(4年)

 

日中、通信課程ともに2年、3年次編入する場合には、学費は安くなります。

 

福祉系の大学を4年通って卒業する場合、400万円以上のお金がかかります。

大学によっては500~600万円ほどかかるケースもあるんです。

 

一方、通信課程で大学に通う場合は、80~100万円ほどの費用で卒業でき、受験資格を得ることができますね。

 

大学卒業ルートを選択する場合、生活スタイルや費用などを考慮して、通う大学・学びかたを選んでいきましょう。

 

一般養成施設に通う場合

一般養成施設に通うケースは、以下のいずれかにあてはまる人が対象です。

一般養成施設に通って受験資格を得る対象の人

  • 一般の4年制大学を卒業
  • 一般の3年制短大を卒業し、相談援助員としての実務経験1年以上
  • 一般の2年制短大を卒業し、相談援助員としての実務経験2年以上
  • 相談援助員の実務経験4年以上

 

一般養成施設に通う期間:約1年~1年10ヵ月

かかる費用:約40万~100万円

 

学習スタイルとしては以下の3通りになります。

一般養成施設での学びかた

日中に通学する:学費は高め

夜間に通学する:学費は日中と通信の間くらい

通信学習:学費低め

 

一般養成施設の一覧とかかる費用については、下記のサイトを参考にしてください。

参照元:社会福祉士一般養成施設の一覧(しゃふくさん)

 

短期養成施設に通う場合

短期養成施設に通って受験資格を得る人は、以下のいずれかにあてはまる人です。

短期養成施設に通い受験資格を得る対象の人

  • 福祉系大学4年で基礎科目履修している
  • 福祉系短期大学3年で基礎科目履修している+相談援助の実務経験1年以上
  • 福祉系短期大学2年で基礎科目履修している+相談援助の実務経験2年以上
  • 指定職種の相談援助実務4年

 

短期養成施設一覧は下記のサイトを参考にしてください。

参照元:社会福祉振興・試験センター

 

短期養成施設にかかる費用:約40万円

学習期間:約9カ月

※通う施設や実習の有無でかかる費用がことなります。

 

社会福祉士の通信講座を受ける費用について

社会福祉士の国家試験に向けて「通信講座」を受講する場合、学費などに加えて講座の費用がかかります。

 

参考書を使って独学で勉強することも可能ですが……

  • どうやって勉強して良いか分からない……
  • 効率的な勉強がしたい……
  • 分からない部分は誰かに質問したい……

上記にあてはまるような人は、社会福祉士の通信講座の受講を検討してみてください。

 

社会福祉士受験の際に使う参考書について、下記の記事でお伝えしています。

 

具体的に通信講座を扱っている会社と費用について、例をあげてお伝えしていきます。

 

人気の社会福祉士通信講座3選
  1. ユーキャン
  2. アガルート
  3. 資格の大原

 

上記の3つの通信講座について、内容などを解説していきますね。

 

社会福祉士通信講座➀:ユーキャン

通信講座費用:5万9,000円

学習期間:7カ月

 

テキストで自己学習して、過去問や添削課題を解きながら勉強していくスタイルです。

メインのテキスト5冊と問題集など、効率的に学習できるカリキュラムとなっていますよ。

 

分からない部分はメールや郵便で質問でき、講義動画やミニテストで学ぶこともできます。

ユーキャンの講座で、過去10年間に4,000人以上の人が試験に合格しているんです。

 

実績もありますし、「ユーキャン」という有名企業なので信頼性もありますよね。

 

 

社会福祉士通信講座➁:アガルート

通信講座費用:5万9,800円

学習期間

具体的に記載はされていませんが、教材の発送や講義動画が視聴できるのは、試験前約10カ月前から。

 

講義動画をみてから、配布される過去問を解いていく勉強スタイルですね。

疑問に思ったことは、講師に回数無制限で質問ができますよ。

 

さらに一定の条件を満たすことで、1万円分のギフト券がもらえたり、通信講座の費用全額が返金される特典もあります。

 

 

社会福祉士通信講座➂:資格の大原

通信講座費用:6万8,200円

学習期間:約6ヵ月

 

ウェブの講義で学びながら、テキストで勉強していくスタイルです。

教材が少なく効率的に勉強できる講座になっており、3回の模擬試験もついているので、問題を解く力もつく内容ですね。

分からない箇所があれば、質問フォームや電話での問い合わせが可能となっています。

 

 

社会福祉士の受験料や登録料について

社会福祉士の国家試験を受験するときや、合格後に社会福祉士として登録するときにも費用がかかります。

社会福祉士の受験料:1万9,370円

登録料:1万5,000円

 

社会福祉士の国家試験に合格しただけでは、社会福祉士としての資格はありません。

登録手続きを完了して、はじめて「社会福祉士」として認められるので注意してくださいね。

 

社会福祉士の資格取得のための大学・養成施設の選びかたとは?

社会福祉士の資格をとる際には、ルートにより福祉系大学や一般養成施設などに通う必要があります。

 

福祉系大学や一般養成施設は……

  • かかる費用
  • 勉強スタイル
  • 学ぶ時間帯

これらが異なり選択肢も多いので、選ぶのが難しいかもしれません。

 

自分がおすすめする、大学・養成施設の選びかたのポイントはつぎの3点です。

 

おすすめな大学・施設の選びかた
  1. 費用で選ぶ
  2. アクセスの良さで選ぶ
  3. 勉強スタイルで選ぶ

 

できる限り費用を安くしたいなら、通信制の大学・一般養成施設がおすすめになります。

アクセスの良さで選ぶなら、費用は高くても近い大学・施設が通いやすいですよね。

 

選ぶポイントさえ抑えておけば、大学・施設選びがスムーズに進みますよ。

 

上記の選びかた3点について、少し解説を加えていきますね。

 

①:費用で選ぶ

通う福祉系の大学や一般養成施設を、「かかる費用」で選ぶ方法です。

福祉系大学に通う場合、日中に通えば400万円以上でも、通信課程なら100万円程度ですみます。

 

通学と通信では、かなりの費用の差がありますよね……

もちろん、大学ごとに費用もことなります。

 

一般養成施設でも、40万円ほどで卒業できる施設もあれば、100万円以上かかる施設もあり、金額の差は大きいです。

 

金額で通う施設を選ぶ場合は、実習アリ・ナシも含めて、費用をしっかり確認しておきましょう。

 

➁:アクセスの良さで選ぶ

通う施設をアクセスの良さで選ぶ方法です。

 

働きながら資格をとる人などは、通勤経路に大学・施設があれば通いやすいですよね。

また、大学に通う場合は家から近いほうが通いやすいし、スクーリングも近所のほうが受講しやすくなります。

 

通うのに時間がかかっていては、課題レポート作成や受験勉強の妨げになりますからね……

 

施設選びにおいて、かかる費用は考えないといけません。

しかし、日々の学習に課題レポートのことなど考えると、「アクセスの良さ」も同等に大切なポイントになります。

 

大学・施設選びの際には、アクセスについても意識しておくと良いですね。

 

働きながら社会福祉士の資格をとるケースについて、下記の記事でお伝えしています。

 

➂:勉強スタイルで選ぶ

通う施設を勉強スタイルで選ぶのも、施設選びの1つの方法です。

  • 日中に大学に通うか、通信課程で学ぶか
  • 一般養成施設は通学か通信、または夜間に通うか

などなど……

 

働きながら資格を目指す場合、通信課程を選択したほうが、勉強やスクーリングの都合がつけやすいです。

また、4年間大学に通い、基礎知識をしっかりと身につける道もありますよね。

 

自分に合う勉強スタイルで大学・施設を選ぶのも、選択方法の1つだと確認しておいてください。

 

社会福祉士の資格にかかる費用を負担する制度とは?

大学を卒業したり、実務経験をつんだりと、社会福祉士の資格をとるには結構な費用がかかります。

実は国の制度を利用すると、資格取得の費用が安くなるケースがあるんです。

 

その制度が以下の2つになります。

社会福祉士の資格取得費用を負担してくれる制度

  • 社会福祉士修学資金貸与制度
  • 教育訓練給付金制度

 

一般養成施設に通う際や通信講座を受講する際、かかる費用の何割かを負担してくれたり、貸し付けをしてくれたりする制度です。

 

制度を利用したい場合には、ハローワークや行政への問い合わせが必要になります。

自分に受給資格があるかの確認や、受給申請が必要になるからですね。

 

貸与制度や給付金制度について、詳しくお伝えしていきます。

 

「社会福祉士修学資金貸与制度」について

社会福祉士養成施設に入学を予定している(在学中も含む)人へ、在学期間に限り費用を貸し付けてくれる制度です。

 

具体的な金額は……

  • 月額5万円以内
  • 入学準備金20万円以内
  • 就職準備金20万円以内

施設の卒業後、社会福祉士として相談援助職にて5年間働くと、返済が免除となります。

 

詳しくは厚生労働省のホームページを確認してください。

サイトはこちら⇒厚生労働省ホームページ(修学資金貸付制度について)

 

「教育訓練給付制度」について

雇用の安定と促進を目的としており、厚生労働大臣が指定した教育訓練を受けた場合、費用の一部が支給される制度です。

 

具体的には、対象者に費用の20~50%ほどが支給されます。

 

受給の申請や確認などは、管轄するハローワークで受け付けているので確認してみましょう。

 

詳しくは厚生労働省のホームページで確認できます

サイトはこちら⇒厚生労働省ホームページ(教育訓練給付制度について)

 

【実体験】私が実際に資格をとるのにかかった費用は○○万円!

自分は施設の現場職員として、働きながら社会福祉士の資格をとりました。

実際にかかった金額は約60万円ですね。

 

受験資格の取得ルートは「第3号」の一般大学を卒業し、一般養成施設に通うルートになります。

具体的な内訳は……

  • 一般養成施設学費(実習あり):45万円
  • 教材費:6万5,000円
  • 交通費:3万円
  • 受験料:1万5,000円(2020年)
  • 登録料:1万5,000円
  • 雑費:2万円(通信費や実習のときに買った靴や洋服代金など)

 

スクーリング2週間、実習23日間、受験でかかった費用になります

 

介護士として現場業務についていても、相談業務ではないので実習は免除になりませんでした。

実習免除の人は、5万円以上は費用がやすくなります。

 

また、実習施設が自宅から遠かったので、交通費も結構かかりましたね……

実習先は養成施設側が決めることが多く、通うのに時間がかかる場合もあるんです。

自分と同じクラスの人は、始発でも間に合わない施設での実習でした……

実習時間を遅らせるなどして対応してましたね。

 

働きながら学校に通い、スクーリングや実習もこなしながら試験の勉強もする……

さらに、1カ月に3~5本のレポート提出もありました。

 

働きながら資格取得を目指す人は結構忙しいので、そこを覚悟しておいたほうが良いですね。

こまかい費用に関して気になる人は、通う先の施設や大学にあらかじめ確認しておきましょう。

 

社会福祉士の資格にかかる費用まとめ:受験資格取得ルートをよく確認し、自分に合った学びかたを選択しよう!

社会福祉士の受験資格をとるための方法は、以下の12個のルートになります。

 

社会福祉士の受験資格取得ルート図

参照元:社会福祉振興・試験センター

※どのルートを選択しても、最終的には「国家試験の合格」が必要になります。

 

受験資格を取得するルート別、かかる費用と年数

ルート かかる費用 期間
福祉大学卒業 約400万円 4年(編入あり)
一般養成施設 50~100万円 1年以上
短期養成施設 30~40万円 6ヵ月以上

 

通信講座の費用と試験の受験料について

  • 通信講座:約5万円
  • 学習期間:約6ヵ月

 

社会福祉士の受験料と登録料

  • 社会福祉士の受験料:1万9,370円
  • 登録料:1万5,000円

 

大学・養成施設の選びかた3選
  1. 費用で選ぶ
  2. アクセスの良さで選ぶ
  3. 勉強スタイルで選ぶ

 

社会福祉士資格に関する貸与・給付金制度
  • 社会福祉士修学資金貸与制度
  • 教育訓練給付金制度

 

社会福祉士の資格は、取得するのに結構な費用がかかります。

しかし、働ける場所の選択肢が広がったり、自分の成長につながったりと、メリットも多い資格なんです。

それは自分が資格をとったからこそ、お伝えできることなんですよね。

 

社会問題が複雑化、多様化している今、社会福祉士の需要は大きく、今後も増大していく可能性が大きいです。

しかし、福祉関係全般はもちろん、社会福祉士の人材も足りていません。

 

  • 社会問題に貢献したい
  • 知識を学び、少しでも困っている人を助けたい
  • 自分の成長につなげて可能性を広げたい

社会問題への取り組みや自身の成長に興味がある人、ぜひ社会福祉士を目指してください。

 

成長に必ずつながりますし、周りの人を豊かにできる知識や技術が手に入ります

以上、「経験者は語る」でした。

 

「社会福祉士の費用」についての記事はここまで。

長文、最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

それではまた!