福祉関係 PR

社会福祉士の資格で給料あがる?現役職員が実体験から10分で解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

社会福祉士の資格で給料あがる?現役職員が実体験から10分で解説!

 

相談者
相談者
社会福祉士の資格って、取れば給料あがるのかな?資格を活かして働いてる人は、どのくらい給料もらってるんだろう?

 

社会福祉士の給料について、このような疑問を持ってる人もいるんではないでしょうか?

 

実は、この記事を読めば社会福祉士の給与について簡単に理解できるんです。

なぜなら、自分が実際に社会福祉士の資格を取得して働いているからですね。

 

実際に経験したことや、同僚から得た情報などから「社会福祉士の給料」についてお伝えしていきます。

 

この記事で解決できる悩み・疑問

・社会福祉士の資格をとれば給料は上がる?

・社会福祉士の給料の実態について

・社会福祉士の給料を上げるにはどうすれば良い?

・社会福祉士はどんな場所で活躍してる?

・社会福祉士の仕事と給料について

 

この記事を読めば、社会福祉士の給与事情について、とても簡単に理解できますよ。

 

この記事を書いた人:しゅうへい・ジャパン

職業:介護士兼ケアマネジャー

趣味:筋トレ、読書、アニメ鑑賞など

高齢者施設での相談員の経験から、仕事や給料の実態について発信します。

 

 

この記事の信頼性:介護福祉士、ケアマネ、社会福祉士の資格を所有しています。

 

 

 

 

社会福祉士の資格を取得すると給料はあがるの?

結論からいいますと、職場で「資格手当」などが支給される場合、その分の金額は上乗せされます。

しかし、「資格を取得しただけ」では、大幅な増収とまでいかないのが現実です。

 

理由は、社会福祉士の資格が「名称独占」資格であることが、原因の1つだと考えられます。

 

名称独占とは、有資格者でなくても同じ仕事ができるということ。

資格がないと「社会福祉士」と名乗ることはできませんが、なくても同じ仕事ができます。

 

もちろん、資格があったほうが、客観的にみて説得力や権威性がありますよ

しかし、無資格でも同じ仕事ができるため、資格をとっただけで大幅な増収につなげるのは難しいですね。

 

もし、社会福祉士の資格を収入アップにつなげたいのであれば、以下のような方法がおすすめです。

  1. 経験を積み上げる:同じ職場で経験やスキルを積み重ねる。
  2. スキルを掛け合わせる:介護の現場やケアマネ業務を兼務する。
  3. キャリアアップを目指す:役職や管理者を目指す。

※社会福祉士の収入アップの方法は、あとで詳しくお伝えします。

 

上記のように、経験を積んだりスキルを組み合わせることで、給料アップの可能性が期待できます。

 

「それじゃあ、社会福祉士の資格は意味ないじゃん!」

と思う人もいるかもしれません。

 

資格を取得した経験からお伝えすると、意味は大いにあります。

  • 資格をとる過程で知識を学べて相談技術が向上する
  • 資格を持つことで職場や職種の選択肢が広がる
  • 資格を活かして収入アップがみこめる

 

実際に、社会福祉士の資格を取得して感じたメリットです。

 

社会福祉士の資格をとっただけでは、給料の大幅アップは難しいですね。

資格を活かして自分が成長したり、経験を積むことで給料アップにつながっていきます。

 

「社会福祉士の資格の意味」について、別の記事でお伝えしています。

良かったら読んでみてください。

 

社会福祉士の給与の実態について

「社会福祉士は、実際に給料はいくら位なの?」

という疑問について、職種や働く場所での比較をみていきましょう。

 

まずは、社会福祉士の平均的な給与についてです。

令和元年度、社会福祉士平均年収

平均年収:403万円

男性:473万円

女性:365万円

※平成27年度は平均年収377万円、男性平均は439万円、女性平均339万円

 

働く場所で給料を比較してみると、高い順位のTOP5は以下の通りになります。

職場ごとの給料について

  1. 保護観察所…638万円
  2. 児童相談所…532万円
  3. 身体障がい者更生相談所…504万円
  4. 都道府県庁…496万円
  5. 都道府県社会福祉協議会…475万円

※➀~⑤は公務員として配置されます

 

給料は民間企業よりも公務員のほうが、高めに設定されているのが分かりますよね。

 

参照元:令和2年度、社会福祉士就労状況調査実施結果報告書

 

社会福祉士の資格を活かし公務員として働く場合

公務員は「国家公務員」「地方公務員」の2種類に分かれています。

公務員福祉職平均年収

国家公務員:約618万円(月給×12カ月+基本給×4.5ヵ月で計算)

 

地方公務員

  • 全地域の平均月収:約548万円(月給×12カ月+基本給×4.5ヵ月で計算)
  • 都道府県:約637万円
  • 市町村:約531万円
  • 指定都市:約568万円
  • 特別区:590万円

 

参照元:令和4年度国家公務員給与等実態調査

令和3年、地方公務員給与の実態

 

民間の福祉職の平均年収403万円より、公務員の平均給料が100万円以上うわ回ってることが分かります。

 

社会福祉士の働く場所ごとの給料について

社会福祉士の主な働く場所の給与について、お伝えしていきます。

 

社会福祉士の働く場所と平均月収

  1. 介護老人福祉施設:38万3590円
  2. 介護老人保健施設:37万2790円
  3. 通所介護事業所:31万9250円
  4. 通所リハビリ事業所:35万6660円
  5. 小規模多機能型居宅介護事業所:36万400円
  6. 認知症対応型共同生活介護:35万9310円

 

特養や老健など、施設型の職場のほうが給料が高い傾向にあります。

1つの理由としては、施設型の社会福祉士は、介護現場やケアマネ業務と兼務する場面が多いからですね。

 

実際に特養で社会福祉士として働いていましたが、ケアマネや現場介護士と兼務する場面が多いです。

 

参照元:令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果

 

社会福祉士と他の職種との給料の差はどのくらい?

社会福祉士と福祉系の他職種との給料の差について、お伝えしていきます。

 

令和2年度、介護従事者平均給与額

  1. 生活相談員:35万5150円
  2. 介護職員:32万5550円
  3. 看護職員:38万3560円
  4. 理学・作業療法士:36万4040円
  5. 介護支援専門員:36万2510円
  6. 管理栄養士:32万2010円

 

社会福祉士は主に「生活相談員」の仕事をするので、看護師、理学療法士、ケアマネについで高い給料になります。

 

介護現場やケアマネ業務を兼務すると、もう少し高い給料になってきますよ。

 

ケアマネや介護福祉士の給料について、他の記事でお伝えしています。

重複する部分もありますが、良かったら参考にしてみてください。

 

 

 

社会福祉士の給料をあげることは可能なの?

社会福祉士の資格を活かして働く際に、給料アップを目指すことは十分可能です。

職場ごとに給料も違いますし、他の資格や手当と組み合わせることで、収入はあがっていきます。

 

この見出しでは「社会福祉士の給料をあげる方法」について、具体的にお伝えしていきますね。

 

社会福祉士として給料をあげる方法6選

  • キャリアアップを目指す
  • 転職する
  • 資格を取得して兼務する
  • 独立する
  • 公務員を目指す
  • その他

 

簡単な方法ではありませんが、全て資格を活かして収入アップを狙える方法です。

1個づつ説明していきます。

 

キャリアアップを目指す

社会福祉士として長く勤めたり、努力をして役職についたりしてキャリアアップを目指す方法です。

役職がつけば手当がもらえますし、長く勤めればそれだけ収入もあがっていきますよね。

 

短期間での収入の増加は見込めませんが、少しづつ確実に給料があがります。

しかし、課長や部長、施設長など、役職があがるにつれて責任も大きくなりますし、人数にも限りがあります。

 

ある程度から上を目指すには、努力と運、タイミングなどが必要になってきますね。

 

転職する

上記にて、職場ごとに給料が違うことをお伝えしました。

給料をあげるため、働く場所や職種を変えるのも収入アップの1つの方法です。

 

  • デイサービスから特養の相談員になる
  • 同じ特養でも違う法人に移る

転職が成功すれば、給料アップにつながります。

 

しかし短期間で転職が多いと、「社会的に信用されない」というリスクもあるので要注意ですね。

 

転職について、他の記事でも解説しています。

介護福祉士の転職についての記事ですが、福祉関係の転職全般に共通していますよ。

 

資格を取得して兼務する

給料をあげる方法の1つとして

「資格を取得して、社会福祉士の仕事+αで働く」

という方法があります。

 

例えば…

  • 社会福祉士として相談員をしながら、ケアマネ業務を兼務する
  • 相談員として働きながら、介護現場に入る…など

 

これらの方法であれば、ケアマネや夜勤の手当てがもらえますよね。

また、現場の介護士に支給される「処遇改善金」も手に入る可能性があります。

 

社会福祉士と他の職種を兼務すると、収入アップが見込めますよ。

 

独立する

社会福祉士として収入をあげるには、「独立して稼ぐ」という方法も1つの手です。

独立型社会福祉士の仕事内容

  • 教育機関で講師をする
  • 相談業務
  • 成年後見人になる  など

 

自分の努力次第で多く稼げるので、企業に所属するより高い収入を狙えるんです。

 

もちろんデメリットもあり、毎月安定した収入が見込めないという点があります。

また、起業したばかりはクライアントもおらず収入は0円。

独立型の社会福祉士を目指すには、ある程度の収入を得るまで時間がかかります。

 

公務員を目指す

上記で説明した通り、民間で社会福祉士として働くより、公務員として働いたほうが給料は多くなります。

 

年収は公務員と民間で、約100万円もの差になるんですよね。

仕事量は職種や職場によって違いますが、公務員は安定してるし給料もボーナスも高くなってます。

 

しかし、公務員を目指す際には注意点があるんです。

  • 公務員試験に合格する必要がある
  • 年齢制限がある(35歳くらいまで)

 

ハードルは高いですが、高い給料を目指すなら挑戦する価値ありです!

 

その他

その他の方法としては「副業」「投資」をする方法が挙げられます。

単純に「収入の柱を増やす」という方法ですね。

 

今の時代はPC1台で稼げる時代です。

 

  • メルカリで物を売ったり、クラウドサービスに登録したり、ココナラでスキルを売ったり。
  • 投資信託仮想通貨不動産に投資するという方法もあります。

 

これは社会福祉士に限らずに収入を得る方法なので、「その他」として挙げました。

 

注意点として「副業禁止」の会社もあるので、始める場合は確認が必要です。

 

社会福祉士の活躍の場所はどんなところ?

社会福祉士の資格を活かして働く場合、勤め先は色々な場所があるんです。

 

社会福祉士が活躍している場所

  • 高齢者福祉施設
  • 障がい者施設
  • 児童相談所・児童福祉施設
  • 福祉事務所
  • 地域包括支援センター
  • 病院・医療機関
  • 学校などの教育施設
  • 独立型の社会福祉士

 

いろんな場所で活躍する社会福祉士ですが、どこで働くにしても、主な仕事は「相談業務」となります。

 

クライアントの相談に対し、関係機関と連絡調整しながら対応していく「相談業務のプロ」ですね。

 

社会福祉士の資格を目指す場合は

「資格をとって、どんな分野でどんな働きかたをしたいか?」

を明確にしておくと良いですよ。

 

目的が明確であれば、資格も無駄にならずにやるべきことも見えてくると思います。

 

「社会福祉士の活躍の場所」については、他の記事で詳しくお伝えしています。

 

社会福祉士の仕事や給料について、実体験からお伝えします

自分は高齢者施設にて、3年ほど相談員として働いていました。

その経験から

  • 「社会福祉士の仕事ってどんな感じ?」
  • 「仕事内容と給料は見合ってる?」

など、社会福祉士の給料や仕事について、実体験からお伝えしていきます。

 

社会福祉士の給料や仕事について

  1. 社会福祉士の資格にメリットはあるの?
  2. 仕事の内容に、給料は見合ってる?
  3. 社会福祉士の具体的な仕事内容は?
  4. 今後、社会福祉士の待遇や給料は上がっていくの?
  5. 年収1,000万円は狙える?

 

これらの項目は、自分が社会福祉士の資格をとる前から抱いていた疑問です。

詳しく解説していきますね。

 

社会福祉士の資格にメリットはあるの?

社会福祉士の資格にメリットはあります。

就職に有利ですし、資格手当など給料アップにつながりますよね。

資格を取得する過程もとても学びになったし、自分自身が成長できたきがします。

 

「社会福祉士の資格は意味ない」

といわれることもありますが、資格を活かす方向で行動すれば良いだけです。

 

自分の目的に資格が必要であったり興味があれば、取得しておいて損はないと思いますよ。

 

仕事の内容に給料は見合ってる?

これは難しい疑問ですが、個人的には見合ってると思います。

 

介護の現場から施設の相談員になりましたが、夜勤や残業が減って体力的に楽になりました。

あとは自分の都合で仕事が進められるので、その分のストレスは減りましたね。

 

もちろん違う面でのストレスもありますし、精神面で疲弊することも多いですが…

 

正直、「確実にお値段以上の価値がある資格ですよ!」とは言い難いです。

 

給料はそれなりにもらえて、社会的信用や仕事の選択肢など、給料以外のメリットも多いと感じています。

 

社会福祉士の具体的な仕事内容は?

上記でも少し触れましたが、社会福祉士の主な仕事は「相談業務」です。

 

  • 生活に課題を抱えたクライアントの相談を受け、必要なサービスにつなげることが役割となってます。
  • あとは、必要な機関との連絡調整業務や、クライアントに必要なサービスを作ることも社会福祉士の仕事です。

 

クライアントは高齢者だったり、障がい者や子供だったりと、職種や職場で変わってきます。

 

相談業務にはコミュニケーション能力に加えて、専門分野の知識や一般常識など、幅広い知識が必要ですよ。

 

今後、社会福祉士の待遇や給料はあがっていくの

「社会福祉士の給与の実態」でもお伝えした通り、平成27年から比べて、社会福祉士の給料は上がっています。

 

金額にして年収26万円あがっています

 

日本の現状として、以下の2点が挙げられます。

  • 福祉従事者の数は足りていない
  • 今の日本の社会問題は、複雑化・多様化しており増加傾向にある

 

これらを考慮すると、今後も「社会福祉士」のニーズは高まってくると予想できます。

 

大幅な給料アップは難しいですが、社会福祉士の給料はあがっていく可能性は大きいですね

 

年収1,000万円はねらえる?

社会福祉士の資格を活かし、年収1,000万円を越えることは可能だと思います。

ただし、かなり厳しい条件をクリアしないといけません。

 

民間企業では難しいですし、公務員でもかなり上位の役職についても届くかどうか。

1番可能性があるのが「独立型社会福祉士」になりますね。

 

たくさんクライアントを抱え、業績が良ければ年収1,000万円を目指すことができます。

しかし、社会福祉士の資格のほかに、

  • 営業力
  • コミュニケーションスキル
  • 人脈
  • コンサルティングの知識
  • お金に関する知識や資格 など

福祉の分野と違う能力が必要ですね。

 

社会福祉士として年収1,000万円を越えるには、かなりの勉強と努力、そして多少の運が必要になります。

 

まとめ:社会福祉士の平均給与は403万円、やりかた次第で給料アップもねらえる!

社会福祉士の資格を取得するだけでは、大幅な給料アップにつながりません。

給料をあげるには…

  • 経験を積み上げる:同じ職場で経験やスキルを積み重ねる。
  • スキルを掛け合わせる:介護の現場やケアマネ業務を兼務する。
  • キャリアアップを目指す:役職や管理者を目指す。

これらのような「社会福祉士の資格+α」が必要です。

 

社会福祉士の平均給与(令和元年度)

平均年収:403万円

男性:473万円

女性:365万円

※平成27年度は平均年収377万円、男性平均は439万円女性平均339万円

 

社会福祉士の主な勤め先と給料について(月収)

介護老人福祉施設 38万3590円
介護老人保健施設 37万2790円
通所介護事業所 31万9250円
通所リハビリ事業所 35万6660円
小規模多機能型居宅介護事業所 36万400円
認知症対応型共同生活介護 35万9310円

 

介護従事者平均給与額(月収)

生活相談員 35万5150円
介護職員 32万5550円
看護職員 38万3560円
理学・作業療法士 36万4040円
介護支援専門員 36万2510円
管理栄養士 32万2010円

 

社会福祉士が給料をあげる方法

  • キャリアアップを目指す
  • 転職する
  • 資格を取得して兼務する
  • 独立する
  • 公務員を目指す
  • その他…投資や副業をする

 

社会福祉士の活躍の場

  • 高齢者福祉施設
  • 障がい者施設
  • 児童相談所・児童福祉施設
  • 福祉事務所
  • 地域包括支援センター
  • 病院・医療機関
  • 学校などの教育施設
  • 独立型の社会福祉士

 

社会福祉士は取得するのにハードルの高い資格です。

  • 「給料が資格取得の労力に見合わない」
  • 「意味のない資格」

という話を耳にします。

 

大切なのは「資格を取得する目的」「資格をどう活かすか」ですね。

自分の目的に資格が必要であれば意味はあるし、行動することで給料もあげられます。

 

資格を活かして働くなら、

  • 社会福祉士という仕事の現状を把握する
  • どうすれば自分が成長できるか?
  • 何をすれば給料があがるか?

これらを意識して行動することが大切だと思います。

 

今回はここまで、最後まで読んでいただきありがとうございます。

それではまた!