福祉関係 PR

社会福祉士って意味ない資格?現役の相談員が疑問について徹底解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

社会福祉士って意味ない資格?現役の相談員が疑問について徹底解説!

相談者
相談者
社会福祉士の資格って、あまり意味のない資格って聞くけど実際どうなんだろう?

 

社会福祉士の資格について、このような疑問を持つ人もいるかもしれませんね。

 

実は、この記事を読めば「社会福祉士は意味のない資格なのか?」という疑問はすぐに解消できます。

 

なぜなら、自分自身が社会福祉士の資格を取得して、相談員として働いているからです。

実体験をふまえながら、疑問ついてお答えすることができますよ。

 

今回の記事の内容

・社会福祉士の資格はなんで意味ないと思われるのか?

・社会福祉士資格のメリットについて

・社会福祉士の資格が「意味のない資格」になってしまうケースとは?

など

 

この記事を読めば「社会福祉士は意味のない資格なの?」という疑問、すぐに解決できますよ!

 

記事書いた人:しゅうへい・ジャパン

職業:高齢者福祉施設に勤めて15年目

趣味:筋トレ・読書・Twitterなど

高齢者施設にて相談員やケアマネ、時には現場の仕事もやってる人。

 

 

 

「社会福祉士は意味ない資格」って言われる理由とは?

「社会福祉士の資格は意味がない」

と言われてしまう原因は、この資格のデメリットにあるんです。

 

実際に社会福祉士の資格を活かし、高齢者施設の相談員として働いています。

その中で感じる「社会福祉士資格のデメリット3つ」を紹介していきますね。

 

社会福祉士のデメリット3つ

①資格取得に費やす時間、労力を考えると給料が安い

②精神的にとても疲弊する職業である

③名称独占資格であり、資格がなくても同じ仕事ができる

 

資格がなくてもできて、給料が安く疲れる仕事…

このデメリットを考えると

「社会福祉士の資格って、意味ないんじゃないかな?」

と思ってしまいますよね?

 

社会福祉士のデメリット3つについて、少し詳しくお伝えしていきます。

 

資格取得に費やす時間と労力を考えると、給料が安い

社会福祉士の平均月収は、約380万円~550万円ほど。

出典元:平均年収.jp …ソーシャルワーカーの平均年収を徹底解説

もちろん、勤める分野や企業によってことなりますが、おおむね上記の金額が平均的な月収になります。

公務員の給料の場合は、少し高めに設定されていますよ。

 

会社員の平均年収が430万円ほどなので、社会福祉士のほうが少し高い年収になってますね。

 

次に、社会福祉士の資格取得に掛かる費用と時間についてです。

社会福祉士の資格取得にはいろんなルートがありますので、過去の記事を参考にして下さい。

 

費用については、選ぶルートや実習の有無によってことなりますが、例をあげると以下の通り。

社会福祉士の受験資格をとるのに掛かる費用と必要期間

4年生の通信大学の場合=約80万~100万円…期間は4年

通信教育を利用した場合=約30万~50万…期間は1年~1年6ヵ月

 

受験資格取得までの期間と費用になります。

資格取得には、国家試験に合格する必要あり。

 

これだけの時間とお金をかけて、サラリーマンの平均年収より少し高い程度の給料…

しかも、国家試験に合格しないと社会福祉士にはなれません。

 

資格取得に掛かる時間と費用を考えると、意味のない資格だと思うかもしれません。

 

精神的に疲弊する仕事である

社会福祉士の仕事は、主に「相談業務」になります。

困難を抱えた人の相談に対応し、必要なサービスにつなげていくのが仕事。

利用者さんやその家族、関係機関などと連携しながら課題をクリアしていきます。

 

業務を進めていく中で、精神的に疲弊する場面がいろいろあるんですよ。

・問題解決がとても困難なケースに携わる

・利用者さんの心ない言葉、暴言など

・細かい情報交流、コミュニケーション

 

利用者さんの課題解決の中心は社会福祉士、精神的なプレッシャーがかかる仕事です。

「資格をとって大変なら意味ないかな」と思う可能性が高い職業だと感じますね。

 

名称独占資格である

社会福祉士は名称独占の資格になります。

 

「業務独占」資格とは:その資格を持っていないと業務に就くことができない資格。

例:医者や弁護士など

 

「名称独占」資格とは:資格を持っていなくても業務に就くことができる資格のこと。

例:社会福祉士・介護福祉士・保育士など

 

資格を持っていないと「社会福祉士」は名乗れませんが、無資格でも同じ仕事ができるんです。

 

資格を持っている以上、その資格を活かして、自分にしかできない仕事をしたいと思いませんか?

「相談業務」は立派な専門職としての仕事。

しかし、あまり興味のない人からすると、単純に相談にのる誰でもできる仕事だと思うのでしょう。

 

名称独占資格で、専門性を発揮しづらいという点が

「社会福祉士は意味のない資格」

だと思われてしまう原因の1つなんです。

 

実体験から伝えたい、社会福祉士資格の意味について

自分は福祉施設にて、相談員として働いています。

やりがいがあるし、介護の現場やケアマネ業務とは違った部分も多く、勉強になることも多い。

社会福祉士の資格の意味について、現場経験をふまえてお伝えしていきます。

 

結論からお伝えすると、社会福祉士の資格は意味のある資格だと思っていますよ。

理由は以下の3つ

 

社会福祉士の資格をとる意味とは

①社会的信用がある

②専門的な技術やスキルが身につく

③いろんな人とのつながりができる

 

介護の現場からケアマネ、そして相談業務を学んでいるので、福祉関係のことを幅広く学ぶ経験ができています。

働きながら通信教育で資格をとり、相談援助技術の基礎や社会福祉の知識もみつきました。

 

社会福祉士の資格は、目的を持って目指すなら、確実に取得しておくべき資格です。

福祉に携わる人間として、専門職としても必要な知識や技術が学べます。

 

まわりの声は置いておいて、目標があるならぜひ挑戦していきましょう!

 

上記の「社会福祉士のメリット3つ」について、少し詳しくお伝えしていきます。

 

社会的信用がある

社会福祉士の資格を持っていなくても、社会福祉士と同じ仕事はできます。

しかし、就職の時や役職につくときなど、もちろん資格をもっている人の方がメリットが多いです。

 

全く同じ能力、もしくは能力が少し劣っていたとしても、資格をもっている人が就職などでは有利に働きます。

「有資格者」という時点で、無資格よりもずっと社会的な信用は高いんです。

 

名刺に「社会福祉士」と書いてあれば、利用者さんやそのご家族の信用を得ることにもつながります。

 

残念ですが、社会福祉士の「社会的信用がある」というメリットは、いろんなケースを好転させるというものではありません。

 

しかし、就職や転職、ときには相談業務の中など、ここぞというポイントで効果を発揮してくれますよ。

 

専門的な知識や技術が身につく

上記でお伝えしましたが、社会福祉士の資格をとるには

・大学に行く

・通信教育を受ける

・一定の実務経験を積む

この中のどれかをクリアする必要があります。

学校では専門知識を勉強することができますし、実践の中で相談援助技術を学ぶことも可能です。

 

勉強していく中で、いろんな知識・技術を身につけていくことになります。

学校教育や実務を経て、初めて勉強したことを「相談業務」に応用していけるんです。

 

体系的に「社会福祉」を学ぶには、やはり基礎からしっかりと学ぶことが必要なんですよ。

 

・社会福祉の知識

・実践を通しての相談援助技術

これら2点を学べることが、資格を取得するメリットの1つだといえます。

 

いろんな人とのつながりが持てる

社会福祉士は、利用者さんの課題解決を1人で行うわけではありません。

 

・ご家族

・地域の人

・ボランティアさん

いろんな人と一緒に問題解決に取り組んでいきます。

 

その中でだんだんと、人と人とのつながりがうまれてくるんです。

自分は施設の相談員ですが、利用者さんの家族やケアマネさん、他施設の職員さんともつながれました。

 

1つの問題に対して他の人と一緒に取り組んでいくと、良いつながりがうまれてくるんです。

そのような「良い関係性」を築けるところが、社会福祉士の素敵なメリットの1つですね!

 

社会福祉士が「意味ない」資格になってしまうことも!

上記でお伝えしましたが、社会福祉士は取得する意味のある資格。

しかし、場合によっては、資格の意味がなくなってしまうこともあるんです。

これは、実際に相談員として働いてみて感じた部分が多いですね。

 

資格の意味がないケースとは

①社会福祉士の資格「だけ」で仕事をしようとする

②なんでも良いから実用的な資格が欲しい

③福祉系の仕事につかない

 

以上の3つのケースについて、資格の意味がなくなってしまう理由をお伝えしていきます。

 

社会福祉士の資格「だけ」で仕事していく

社会福祉士の仕事は相談業務になります。

相談業務を通して、利用者さんの困難を解決するサービスにつないでいくのが仕事。

例えば高齢者分野の場合、施設入所や介護認定の相談などがあります。

 

そのような相談の場合に、福祉施設の知識や実務経験がないと的確なアドバイスができませんよね?

介護認定の説明をするときには、ケアマネの知識が少なからず必要になります。

 

児童分野でも障害分野でも、相談業務を行う場合には、その分野の知識や経験が必要になるんです。

そうでないと、利用者さんの的確なアドアイスができないから。

 

利用者さんの課題が解決できない社会福祉士に、相談業務は務まりません。

 

相談業務を行っていくには

その分野の実務経験や知識×相談援助技術

これが必要になってくるんですよね。

 

社会福祉士は、単独で持っていても効果を発揮しづらい資格です。

社会福祉士の資格「だけ」持っていても、実践で使えずに「意味のない資格」になってしまうんですよ。

 

なんでも良いから実用的な資格が欲しい

「とりあえず、なんでも良いから資格をとれば生きていける!」

と思って社会福祉士の資格をとる、そんな場合はこの資格の意味はありません。

目的なくして、社会福祉士の資格は効果を発揮しないからです。

 

実用的であれば、介護福祉士の資格のほうがずっと実用的な資格になりますね。

施設職員やヘルパーなど、就職口はたくさんだし資格手当もついてくる。

 

一方で、社会福祉士は上記で説明した通り、現場経験や特定の分野の知識がないと、相談業務は務まりません。

公務員になるとしても、公務員試験に合格する必要があるんですよ。

 

すぐに実践で役に立つ、実用的な資格が欲しいのであれば、社会福祉士の資格を取っても意味はありません。

より実用的な資格をめざすことをおすすめします。

 

福祉系の仕事に就こうと思っていない

社会福祉士は、福祉業界の中で取得難易度が高めな資格になっています。

合格率は30%ほどになります。

 

そのおかげか、社会福祉士の資格をもっていると、福祉業界では就職先の幅が広がってきますよ。

 

しかし残念なことに、社会福祉士は福祉業界以外では、あまり効果を発揮できない資格でもあるんです。

この資格を単独でもっていても、即戦力として働ける見込みが少ない…

給料が大幅にアップする資格でもありません。

 

「とりあえず社会福祉士の資格をとって、手に職をつけて働こう!」

と、考えている人にはおすすめできない資格ですね、すぐに実践では使えないので。

福祉業界以外では効果を発揮できないし、実用的ではありません。

 

自分の興味のある業種に関係する資格をとったほうが賢明ですよ。

 

別の記事にて

「社会福祉士の資格は働きながらとれるの?」

という疑問について、解説しています。

 

よろしければ参考にしてみてください。

 

社会福祉士の活躍の場は広がってきている

近年、いろんな社会問題が多様化してきています。

・高齢者に関する問題

・児童虐待

・不登校

・自殺

・貧困

上記のような社会問題が、連日ニュースで取り上げられていますよね。

 

親や家族、学校など周りの環境だけでは、解決が難しいケースも少なくありません。

そのような多様化する問題を解決していくプロフェッショナルが、「社会福祉士」という存在なんです。

 

問題が多様化するなかで、社会福祉士の活躍の場も広がってきているんですよ。

・高齢分野

・障害分野

・病院

・地域福祉

・児童分野

・社会福祉 など

 

多岐に渡る分野で活躍する「社会福祉士」、最近は需要も少しづつ高まってきています。

相談・支援・指導員の有効求人倍率は1.8倍(前年比0.2ポイントアップ)

参考資料:令和2年度 福祉分野の求人求職動向

 

超高齢化社会を迎える日本では、今後さらに社会福祉士は需要が高まってくるといえます。

 

社会福祉に興味がある、社会問題に対して何か力になりたいという人、ぜひ「社会福祉士」を目指してみませんか?

 

もっと詳しく「社会福祉士の活躍の場」を知りたい人は下記の記事へ。

 

社会福祉士は意味ない資格?まとめ:目的があればメリットも将来性もある職業である

社会福祉士が「意味がない資格」と言われてしまう原因3つ。

①資格取得に費やす時間や労力を考えると、給料が安い

②精神的にとても疲弊する職業である

③業務独占ではなく名称独占資格なので、資格がなくても同じ仕事ができる

 

実体験からお伝えする、社会福祉士のメリット3つ

①社会的信用がある

②専門的な技術やスキルが身につく

③いろんな人とのつながりができる

 

社会福祉士資格の意味がなくなってしまうケースはこんなとき!

①社会福祉士の資格「だけ」で仕事していく

②なんでも良いから実用的な資格が欲しい

③福祉系の仕事につかない

 

社会福祉士は意味がないと思われがちな資格。

だから社会福祉士の資格は、「取得の目的」が特に大切になってきます。

 

「なんの目的もなく、ただ資格を取って就職したい。」

即実践で使える資格でないため、このような場合には効力を発揮しづらい資格になってしまうんです。

資格取得の先まで考えた計画を立てる必要があるんですよね。

 

資格取得をゴールとすると「意味のない資格」になります。

社会福祉士を「意味ある資格」にするならば、資格取得のその先を見据えて計画を立てていくと良いですね。

しっかりと効果を発揮する、実用的な資格として活躍してくれますよ!

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

それではまた!