勉強 PR

誰でも実践できる!ケアマネ資格を取得するためのおすすめ勉強法!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ケアマネ資格を取得するためのおすすめ勉強法【やること3つ!】

相談者
相談者
ケアマネ試験の勉強ってどんなふうにやればよいのかな?独学で合格できるかな…

 

ケアマネ資格の取得を目指していて

  •  どうやって勉強すれば良いの?
  •  独学では難しい?
  •  どのくらいの期間勉強すれば受かる? 

 上記のような疑問を持っている人、多いのではないでしょうか?

 

実はこの記事を読めば、ケアマネ試験のときにどんな勉強をすれば良いかが、簡単にわかるんです。

 

実際に、これからお伝えする勉強法にて平成25年度のケアマネ試験に1回で合格することができました。

約6カ月間独学で勉強して受かることができたんです。

 

「主にやるべきことは3つだけ」です。

 

この記事を読めば、ケアマネ受験の時にやるべきことが誰でも簡単に理解することができますよ。

 

この記事を書いた人:しゅうへい・ジャパン

職業:福祉施設に勤務

趣味:筋トレ・読書・投資など

福祉施設で介護士・ケアマネ・相談員を兼務

介護歴15年目になります。

 

 

この記事の信頼性:介護福祉士、ケアマネ、社会福祉士の資格を取得してます

 

ケアマネ資格取得のためにやることは3つ!

 

資格取得のための「おすすめ勉強法」は以下の3つになります。

  1.  1冊の参考書を読み込む 
  2.  過去5年分の過去問をひたすら解く
  3.  無料サイトにて、問題をときまくる

 

難しいことはなく、るべきことはとてもシンプルです。

参考書を読んで、過去問を解いていく。

無料サイトでさらに問題にふれていく、それを繰り返すことが合格への近道になります。

 

それでは、それぞれついて説明していきますね。

 

1冊の参考書を読みこむ

まずは試験対策の参考書を1冊決めて、その1冊を徹底的に読み込みます。

 

最初から最後まで最低3回、出来れば5回は読んで、内容を把握して下さい。

 

「このページにはあの内容が書いてある」

など、覚えるくらいまで読み込むことが重要です。

 

読む際には、目で文字を追うだけでなく

  •  声に出す
  •  もしくは口パクで読む

そうすると、さらに内容が頭に残りやすいので実践してみて下さい。

 

過去5年分の過去問をひたすら解く

次のステップでは、過去問題集を使って問題を解いていきます。

 

過去5年分の過去問をひたすら解いていくという苦行の時間ですね・・・

 

過去5年分の問題集も3~5回、内容を把握できるまで繰り返し行います。

 

参考書を読んで内容を理解し、次に問題を解いていくという流れです。

 

最初のうちはおそらく

ただいま勉強中
ただいま勉強中
なんだこの問題は・・・

という、質問の意味さえ分からない問題がいくつか出題されます

最初の1~2週目は、意味が分からなくてOKです。

問題の回答を確認しながら、1個づつ確実に理解していけば必ず解けるようになってきます。

 

問題を解きながら間違えた設問の回答を確認し、参考書に戻ってさらに勉強し直す。

 

この一連の作業はすごく時間が掛かります・・・

 

資格取得に近道はないので、コツコツ継続しましょう!

 

無料アプリやサイトにて問題をといていく

ネットで検索してみると、ケアマネ試験対策アプリ・サイトがいくつかあります。

 

10分・20分などの隙間時間にコツコツと問題を解いていき、実力アップを目指しましょう。

 

色々な問題に慣れておくことが大切です。

問題集に加えて、アプリやサイトも使って問題を解いておくと実力がついてきますよ。

 

数をこなすことで、問題を読み解く力や回答するスピードがついてきます。

 

ケアマネ試験は60問・120分です。選択肢5つの中から答えを複数個選ぶ回答方法になります。

 

  1. 問題を読み解く力
  2. 回答するスピード

 

2つともかなり重要なポイントですよ!

問題の数を多くこなし、2つの力をつけることでより合格に近づけるんです。

 

ケアマネ資格取得のためのおすすめ参考書、サイト

 

おすすめの参考書・サイト
  •  おすすめ参考書:ユーキャン ケアマネ速習レッスン
  •  おすすめ問題集:ユーキャン ケアマネ過去問完全解説
  •  おすすめ無料サイト:岡野の合格無料ゼミ

上記の3つはケアマネの勉強のときに、非常に活躍してくれました。

それぞれ説明していきますね。

 

ユーキャン:ケアマネ速習レッスン

amazonで「ケアマネ参考書、売り上げトップ10」に入っている、人気の参考書です。

介護福祉士を受験した時も「ユーキャン」の参考書を使って勉強していました。

 

ケアマネ試験でもユーキャンの参考書と問題集を使用して勉強をして、1回で合格しています。

 

・図や表が多く理解しやすい。

・解説やポイントなどが詳しく書いてある。

 

内容が見やすく理解しやすいので、すごくおすすめできる参考書ですよ。

 

\図解や解説つきで分かりやすい!

 

ユーキャン:過去問完全解説

ユーキャンの過去問題集で、過去5年分の問題が記載されています。

参考書同様に人気のある問題集ですね。

 

回答に対する丁寧な解説や設問のポイントなどが書いてあるので、とても分かり問題集となっています。

 

\過去5年分の問題を解説!/

 

問題集は参考書と同じ出版社のものを購入した方が理解しやすいです。

内容がリンクしている部分もあるので、スムーズに勉強することができますよ。

 

岡野の合格無料ゼミ

無料で試験問題に挑戦できるサイトです。

岡野の合格無料ゼミのサイトはこちらです!

 

名前の登録をしなくても問題を解くことは可能ですが、一定の制限がかかってしまうため、登録して利用することをおすすめします。

 

1問1答方式や読解問題など、色々な種類の問題が出題されます。

スキマ時間をみつけてひたすら問題を解き、実力アップを目指しましょう!

 

「問題に慣れる」という部分で、試験勉強をかなり助けてくれた優秀なサイトです。

ぜひとも使ってみて下さい

 

やってはいけない勉強方法

ケアマネの試験に限らずですが、効率の悪い勉強方法があります。

しっかりと勉強時間を確保して勉強に取り組んでいても、効率の悪い勉強方法していては意味がありません。

 

「こんな勉強方法は効率が悪い」というポイントを3つあげておきます。

このような勉強法はマネしてはいけませんよ。

  • 参考書・問題集を複数冊購入する。
  • 試験対策のアプリやサイトに多数登録する。
  • 「何年か掛けて受かればよい」という思いで挑戦する。

 

まずはいろんな参考書を購入したり、いろんなサイトに登録したりして勉強すること。

これはやめた方が良いですね。

学びが中途半端になり、問題を解くときの役立つ知識として残りにくいです。

 

あとマズいのは「数年かけて受かろう」という考え方。

数年後に受かろうとする、その数年後はおそらく訪れません。

やるなら1発合格目指して、頑張っていきましょう!

 

ケアマネの資格の取得は独学ではムリ?

結論から言うと…

独学で試験に合格することは可能です!

 

ケアマネ試験の通信講座は複数あり、3万円から5万円ほどで受講できるところが多いです。

参考書などで自分で勉強する場合は、1万円以下で勉強することができます。

 

ケアマネの受験料は地域によって違いますが、1万円とすると

通信講座を利用した場合:通信講座料金3~5万円+受験料1万円=約4~6万円

通信講座を利用していない場合:参考書1万円+受験料1万円=2万円

2つの差は2~4万円ほど、受験するだけでかなりの出費なりますよね?

 

試験対策として通信講座を受講したり、参考書で勉強したりすると思います。

しかし、最終的に「やるかやらないか」は自分次第です。

 

あまり費用を掛けずに勉強したいところですが、

  • 自分だけではモチベーションを保つことができない
  • 勉強の方法がまったく分からない

という方は、通信講座を利用したほうが良いですね。

 

大切なので再度お伝えしますが、最終的にはやるもやらずも自分次第!

自分を信じて行動あるのみです!

 

下記の記事にて「ケアマネの独学」について詳しくお伝えしています。

 

ケアマネ資格の取得にはどのくらいの期間の勉強が必要?

経験からいうと、勉強期間は最低6カ月は勉強してください。

 

勉強時間に関しては

  • 勉強時間の確保量
  • 個人の能力

 

この2つに左右されてしまう部分が大きいですが、最低でも6ヵ月は勉強期間を設けた方が良いでしょう。

 

勉強の苦手な人は1年ほど、勉強が得意・毎日十分に時間が確保できる人は6ヵ月ほどでも大丈夫です。

 

早く始めれば始めるだけ勉強の時間が確保できて、試験に受かる確率が上がっていきます。

時間があれば多くの問題にふれることができるので、勉強は早めに始めましょう。

 

  • 勉強時間が十分に確保できる
  • 勉強に自信がある

上記のような条件がないのであれば、勉強期間は最低6カ月以上を考えて下さい。

長すぎるのも集中力が続かないので、1年以上の勉強期間はおすすめできません。

 

合格率・受験資格・試験日など、情報いろいろ

試験日:毎年10月の第2週の日曜日に開催されています。(※要確認)

 

申し込み期間:各都道府県で異なります 5月~7月が多い(※要確認)

 

試験時間と内容:試験時間120分

介護支援分野 25問 保健医療福祉サービス分野 35問)

※各分野70%以上の点数が必要

 

受験資格:定められている業務について5年以上かつ900日以上の勤務実績が必要になります。

※「国家資格」「生活相談員」「支援相談員」「相談支援専門員」「主任相談支援員

上記の職種で勤務実績が必要です。

 

具体的な国家資格

医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士、管理栄養士、精神保健福祉士

 

ケアマネ試験の合格率

直近3年間のケアマネ合格率は以下のとおりです。

実施年月日 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
令和2年度 46,415 8,200 10.1
令和元年度 41,049 8,018 19.5
平成30年度 49,332  4,990 17.7

 

詳しい合格率は厚生労働省のホームページで確認できます。

参照元:厚生労働省「介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況について」

 

過去の記事で「ケアマネの仕事内容」についてお伝えしています。

ケアマネ目指しているけど詳しい仕事内容までは分からないという人、1度ぜひチェックしてみてください。

 

ケアマネ資格を取得した感想・体験談

現在のケアマネの受験資格や試験内容は、法改正もあり、自分が受験した頃とはかなり違っています。

以前は実務5年で無資格でも受験できて、医師や介護福祉士などは免除される問題もありました。

 

自分は働きながら勉強しましたが、仕事をしながら勉強を継続することはとても難しいことです。

 

仕事などで疲れていることが多いですが、勉強を継続していけば必ず合格できます。

 

試験に通れば

勉強したひと
勉強したひと
やったー!がんばって良かった!

と思えるような資格ですよ。

 

自分の仕事の幅や知識が広がるし、

「利用者の視点に立って課題を解決していく」

という、介護職の根本的な視点で物事を考えられるようになります。

 

ケアマネ試験は、合格率からみても年々難しくなっている…

ですが、受かるためにやるべきことは変わっていません。

 

毎日コツコツと勉強を重ねていくことでしか、受かることはできません。

努力をして取得する価値のある資格であると実感しています。

 

ケアマネ目指している方、頑張って勉強してぜひケアマネ取得めざしていきましょう!

 

過去の記事で「ケアマネの将来性」についての記事を書いています。

ケアマネ資格取得のモチベーションもあがると思いますので、ぜひチェックしてみてください。

 

ケアマネ資格を取得するためのおすすめ勉強法:まとめ

ケアマネ資格を取得する際におすすめする勉強法は3つあります。

  1. 1冊の参考書を読み込む
  2. 過去5年分の過去問をひたすら解く
  3. 無料サイトにて問題をときまくる

 

勉強するうえで、やってはいけないNGな行動もあるので、紹介しておきます。

  1. 参考書・問題集を複数冊購入する。
  2. 試験対策のアプリやサイトに多数登録する。
  3. 「何年か掛けて受かればよい」という思いで挑戦する。

上記の行動をしていると、合格から遠ざかるのでやめておいた方が良いと思います。

 

その理由は、以下のとおりです。

  • 色々なことに手を出してすべてが中途半端になる。
  • 最初から、複数年掛ける計算だと集中力が続かない。

 

合格率は20%ほどなので、集中して取り組まないと合格することは難しいです。

 

自分がケアマネの資格をとって良かったと思う点は2つ

  • 自分の知識・仕事の選択の幅を広げることができた
  • 利用者をマネージメントする視点に立ち、支援方法を考える習慣がみについた

 

勉強すれば自分の知識が広まりますし、ケアマネ資格を取ればキャリアアップもできます。

半年から1年頑張れば取得できる資格です。

 

仕事は忙しいですが

ジャパン
ジャパン
やったー!がんばって良かった!

と今でも実感しています。(2回目)

 

努力する価値があり、自分のスキルアップに役に立つすばらしい資格だと思います。

コツコツ積み上げて、ぜひとも資格取得めざして下さい。

 

その努力は必ず次にもつながります!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

それではまた!

 

参考書、過去問をCheck!